受託オンライン

ID: E01102
AMBiS / AMBiS(アンビス)

遺伝子工学実験受託(DNA抽出)

遺伝子工学に関連する研究の効率化を支援するために、DNA抽出サービスを行っています。


カテゴリ
遺伝子工学 > クローニング・核酸抽出・精製・ライブラリー作製 > 核酸抽出・精製
遺伝子工学 > クローニング・核酸抽出・精製・ライブラリー作製 > プラスミド構築(クローニング)・精製・製造

サービスについて

特長

  • DNA抽出
    組換え大腸菌からDNA抽出し、精製を行います。

サービス内容

  • 受け入れ検査
    ・組換えプラスミドをお預かりし、遺伝子配列の確認をします。
  • 試験製造
    ・実製造の前に、培養条件検討や小スケールでの製造検討を行い、収量の確認 や精製条件の検討を行います。
  • 製造
    ・ GMP準拠にてマスターセルバンク(MCB)、ワーキングセルバンク(WCB)を製造します。
     また、プラスミドDNAを1ロット500mg以上精製します。
  • 品質試験
    ・MCB/WCB品質試験
    (MCB/WCB試験項目例)
     遺伝子組換え体・・・塩基配列解析・エンドトキシン・純度試験・安定性試験他
     宿主・・・・・・・・特性解析試験・純度試験・安定性試験他
     遺伝子組換え生物・・塩基配列解析・エンドトキシン・残留抗生物質確認試験・純度試験・安定性試験他
  • その他サービス
    ・MCB/WCB及び精製したプラスミド及びタンパクは、ご要望に応じてバイアルに分注して納品いたします。
    ・プラスミド及びタンパクはご要望に応じて濃度調整も承ります。
    ・MCB/WCB の保管も承ります。
* 上記品質試験項目はICH(International Conference on Harmonisation of Technical Requirements for Registration of Pharmaceuticals for
  Human Use(日米EU医薬品規制調和国際会議))の勧告に基づいた試験を予定しています。
  詳細につきましてはお打ち合わせの上、決定いたします。

設備概要

  • 種菌培養室(fig.1
    この部屋でお預かりした検体をスケールアップし、大量培養のための種菌の準備をします。
    fig.1)写真が種菌培養装置です。
    AMBiS開発の物理的消泡装置により、培養装置の全容量の60~70%の液量で培養が可能です。フラスコ培養から最大60L培養まで対応が可能です。
  • ハザード室(fig.2
    この部屋が大量培養から粗精製までを行う部屋です。(タンパクの生産に関しては下記ラインから菌体抽出し、 破砕、精製へと工程を移していきます) 写真では見づらいのですが、下の写真左の操作盤の右手に90Lのファーメンターがあります。 完全閉鎖系で一連の装置として、培養から粗精製まで左の写真から右の写真へと、培養液が各工程を経て流れていきます。
  • 精製室1(fig.3
    上記ハザード室の大量培養・粗精製装置から得られたものをクロマトにて精製する部屋です。
    精製結果データサンプル(fig.4
  • 精製室2(fig.5
    こちらは精製室としていますが、精製室1で精製されたものを分注等を行う部屋です。

受託の流れ

  1. 電話・E-mailでの打ち合わせ
  2. 依頼書の送付
  3. 受注
  4. サンプルの受入れ検査
  5. お見積り
  6. 各種実験の開始
  7. 確認試験
  8. 納品
ページ先頭へ戻る

ご提供いただくもの

* 秘密保持契約について
遺伝子の名称および由来が最低限必要となります。秘密保持契約が必要な場合にはお申し付け下さい。
ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

サービス項目 価格 納期
遺伝子工学実験受託(DNA抽出) お問い合わせ お問い合わせ
ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。