受託オンライン

JAPAN TESTING LABORATORIES / JAPAN TESTING LABORATORIES(日本信頼性評価機構)

線維芽細胞を用いたコラーゲン産生能回復試験

化粧品や食品等の素材におけるコラーゲン産生回復能を検定する試験として有用です。


カテゴリ
質量分析・試料分析 > 食品分析・食品検査・化粧品評価 > 食品素材の免疫分析
細胞解析・作製・培養 > 機能評価・細胞培養・細胞解析 > 細胞アッセイ・細胞培養・細胞評価活性測定

サービスについて

概要

線維芽細胞は真皮中に存在し、コラーゲンを産生します。
コラーゲンは肌の弾力性を保ち皮膚のバリア効果を補強するなど重要な働きをしています。
しかし、加齢や紫外線による光老化によりコラーゲンの産生量が減少することが知られており、肌の弾力低下、皺の形成など肌の老化現象をもたらす一因となっています。そのためコラーゲン産生能の維持・回復はとても重要です。(fig.1

試験例

  1. 炎症メディエーターとして知られるTNF-αを線維芽細胞に10ng/mL添加することでコラーゲン産生量を低下させます。
  2. 被検物質を細胞に添加し、一定時間培養します。
    今回は被検物質としてアスコルビン酸(ビタミンC)を100μM添加しました。
  3. 培養上清を採取し、培養上清中に含まれるコラーゲン量をELISA法により定量します。
線維芽細胞へのTNF-α添加によりコラーゲン産生量が低下しました。
この状態の線維芽細胞にアスコルビン酸を添加するとコラーゲンの産生が回復しました。
このように、化粧品素材や食品素材などの被検物質にコラーゲン産生回復促進能があるか検定できます。
なお実際の試験時において、アスコルビン酸は陽性対照としてコラーゲン産生回復促進能の目安となります。
ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

サービス項目 価格 納期
線維芽細胞を用いたコラーゲン産生能回復試験 お問い合わせ お問い合わせ
ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。