受託オンライン
Commissioned Research Online

受託オンライン
株式会社薬研社

ID: J01713
ID: J01713
レリクサ / レリクサ

PIC空間/領域特異的トランスクリプトーム解析

特定領域の遺伝子発現情報を光照射で取り出す


カテゴリ
シーケンス(塩基配列)解析 > 次世代シーケンス(NGS)解析【RNAシーケンス】 > 空間的遺伝子発現解析
シーケンス(塩基配列)解析 > 次世代シーケンス(NGS)解析【データ解析・その他】 > 次世代シーケンス用ライブラリー作製
シーケンス(塩基配列)解析 > 次世代シーケンス(NGS)解析【データ解析・その他】 > 次世代シーケンス解析
シーケンス(塩基配列)解析 > 次世代シーケンス(NGS)解析【RNAシーケンス】 > RNA-Seq解析・TruSeq(微量)トランスクリプトーム解析
シーケンス(塩基配列)解析 > 次世代シーケンス(NGS)解析【RNAシーケンス】 > miRNA-Seq(miRNAシーケンス解析・small RNA発現解析)
シーケンス(塩基配列)解析 > 次世代シーケンス(NGS)解析【データ解析・その他】 > 次世代データマイニング

サービスについて

概要

光開裂型ブロッカーのついた PIC(Photo Isolation Chemistry) primerを用いることにより、組織切片上でUV光照射した特定領域のみの遺伝子発現情報を低コストで取得します。

特長

  • 【部分的感知】 光照射した領域だけの遺伝子発現を解析可能です。専門研究員による事前の技術相談、実験デザインの相談を承ります。
  • 【高検出感度】 直径75μmの照射範囲において1万2000~1万4000遺伝子を検出可能です。
  • 【低コスト】 一般的なラボの手持ちの設備で実施可能です。
PIC(Photo Isolation Chemistry)技術は光照射した領域に特異的に発現している遺伝子を正確に検出することを可能とした独自技術です。必要設備はBlockerオリゴDNA、正立顕微鏡、UV照射が可能な設備のみです。 (参考文献参考書籍テクニカルノート

サービスプラン

切片溶解液が入ったエッペンチューブをお客様よりお送りいただき、レリクサ社でcDNA抽出、ライブラリー調整、バイオインフォマティクス解析を実施します。また、お客様ご自身にてライブラリ調製からシーケンシングまで全工程を実施される場合はPIC用オリゴキット単品での販売も行っております。

詳細な技術や利用試薬等に関しましては、PIC用オリゴセットまたは受託サービスのご発注いただいたお客様向けにご提供するプロトコルにて確認頂けます。

解析例

技術紹介動画

切片作製・UV照射などの実験手順をイメージしやすいよう、基本的情報を動画で紹介します。

ご注意事項

生物種により適用できない場合がございますので、本サービスにご関心のあるお客様には、実施可否判断を含め、原則としてレリクサ社の研究員同席にてWebミーティングを設定させていただいております。お問い合わせの際にはWebミーティングの希望日時とともにご連絡いただければ幸いです。

よくあるご質問

Q:切片の厚さはどれくらいが良いでしょうか??
A :切片の厚さは可能な限り5~10μm以内を推奨いたします。サイズは1mm×1mm以上を推奨いたします。 なお、光照射範囲によっても、必要となる厚さが異なります。推奨値よりも薄くなってしまう場合は回収できるRNA量が少なくなるため、可能な限りスライド数を増やしていただくことをお奨めします。

Q:切片ではないものにも適用できますか?
A:現状のプランでは凍結切片のみとさせていただいております。順次展開していく予定です。

Q:光を照射する顕微鏡のメーカー指定はありますか?
A:一般的な水銀ランプのついた蛍光顕微鏡にDAPIのフィルターがついていれば、特に機種は問いません。本技術は365nmのUV波長を用いて光開裂が行われます。また、倒立顕微鏡でも比較的新しいものであれば、正立顕微鏡と機能的な大差なく利用できます。但し、顕微鏡の年式やランプの使用頻度、メンテナンスの具合によって光の強度等が変わる場合がございますので、可能な限り新しい年式の顕微鏡で、新しい水銀ランプで照射することを推奨いたします。

Q:染色で気をつけることはありますか?
A:明視野については制限はありませんが、暗視野用の染色に関しては365nm付近の波長以外である必要があります。詳細情報をご希望でありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

Q:光照射は水銀ランプではなく、LEDランプでも良いですか?
A:365nmの波長の出力が可能であれば開裂は起こるとは予想されますが、恐れ入りますが両者の光の強さの違いについては正確にお答えする知見がございません。UV-LEDであれば365nmピンポイントの照射も可能にはなりますが、この場合、照射に必要な所要時間、出力の強弱などは実績がございませんので、実験がうまくいかない場合の対処が難しくなるかと存じます。従いまして、水銀ランプを使用されることを推奨いたします。

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


参考価格・納期

サービス項目 価格(税抜) 納期
PIC空間/領域特異的トランスクリプトーム解析 PIC用オリゴキット:¥120,000/24反応分
スタンダードプラン:¥180,000/1検体
ベーシックプラン:¥130,000/1検体
ライブラリ受入プラン:¥55,000/1検体
お問い合わせ

関連サイト



※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。