受託オンライン
Commissioned Research Online

受託オンライン
株式会社薬研社

ID: J01779
ID: J01779
富士フイルム和光純薬 / KMデータ

KeyMolnetを用いたトランスオミクス解析サービス

KMデータではメーカー独自に構築したソフトウェア「KeyMolnet」を使用し、お客様から頂いたデータを用いてトランスオミクス解析を実施します。


カテゴリ
遺伝子発現解析 > マイクロアレイ解析 > データマイニング
シーケンス(塩基配列)解析 > 次世代シーケンス(NGS)解析【データ解析・その他】 > 次世代データマイニング
タンパク質工学 > プロテオミクス(タンパク質解析) > インフォマティクス
シーケンス(塩基配列)解析 > 次世代シーケンス(NGS)解析【データ解析・その他】 > 次世代シーケンス解析
シーケンス(塩基配列)解析 > 次世代シーケンス(NGS)解析【データ解析・その他】 > Saphyrシステムによるゲノムマッピング解析
シーケンス(塩基配列)解析 > 次世代シーケンス(NGS)解析【RNAシーケンス】 > MicroRNAおよびmRNAの統合解析
質量分析・試料分析 > プロテオーム解析 > メタボローム解析

サービスについて

概要

マイクロアレイ、mRNA-Seq、プロテオミクス、メタボロミクスなどを実施したが統合解析でお困りではありませんか。KMデータではメーカー独自に構築したソフトウェア「KeyMolnet」を使用し、お客様から頂いたデータを用いてトランスオミクス解析を実施します。
以前上記の解析などを実施したことがあるが、そのデータを活かしきれていない方、ぜひご相談ください。

KeyMolnetとは

KeyMolnetは株式会社KMデータ社が独自に開発したソフトウェアです。(fig.1
論文から客観的かつ正確に抽出した情報の蓄積があるソフトウェアになります。

GO解析、パスウェイ解析で分かる事

ある条件で絞り込まれた測定データを持つ分子に、どのようなアノテーションを持っている分子が多いのかを知ることができます。
さらに、KeyMolnetでは、データを持たない分子を含めた分子ネットワークを構築して解析することで、より直感的な解析が可能です。(fig.2)(fig.3

対応データ例

  • 各種マイクロアレイのprobe ID
  • IPI
  • UniProt
  • Ensembl
  • HGNC
  • miRBase
  • RefSeq
  • NCBI Gene(EntrezGene)
  • ChEBI
  • KEGG compound
  • Human Metabolome Database(HMDB)
など(記載されていないものもご相談ください)

サービスの流れ

  1. サービス説明・データお預かり
    まずは面談などで解析の目的やご要望をお伺いさせていただきます。
    その後、一度データをお預かりさせていただき、その内容からご要望を満たせる解析プランをご提案させていただきます。
    多型解析:Exome、GWASなど
    発現解析:マイクロアレイ、mRNA-Seq、プロテオミクス、メタボロミクスなど
  2. 解析プランのご提案
    ・分子リストのプロファイリング
    ・データを持たない分子を含めたシグナルの推定
    ・異なるデータを用いた総合的な解析
    ・直観的なネットワーク解析
  3. オプション数決定→お見積り
  4. 結果報告書の納品
  5. 結果のご説明

納品内容

  • 解析結果の高解像度分子ネットワーク図
  • 解析結果で得られた分子ネットワークに関連する下記のリストとスコア値
    (サマリーシート)
  • パスウェイリスト
  • 疾患リスト
  • 病態イベントリスト
  • 生体イベントリスト
  • Gene Ontologyリスト

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


参考価格・納期

サービス項目 価格(税抜) 納期
KeyMolnetを用いたトランスオミクス解析サービス お問い合わせ お問い合わせ

関連サイト



※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。