受託オンライン
Commissioned Research Online

受託オンライン
株式会社薬研社

ID: J01799
ID: J01799
フィルジェン / Arraystar

piRNA Arrays 受託解析サービス

ベストセラーであるLncRNAマイクロアレイをはじめ、CircRNAマイクロアレイ、T-UCRマイクロアレイ、piRNAマイクロアレイの受託サービスを提供


カテゴリ
遺伝子発現解析 > マイクロアレイ解析 > アンチセンスRNAアレイ
遺伝子発現解析 > マイクロアレイ解析 > 遺伝子発現解析・網羅遺伝子解析
遺伝子発現解析 > マイクロアレイ解析 > small RNA・miRNA発現解析

サービスについて

概要

Piwi-interacting RNA(piRNA)は、約23~36塩基長の1本鎖small non-coding RNAです。piRNAは、アルゴノートタンパク質のPiwi(P-element Induced Wimpy Testis)サブファミリーと相互作用します。piRNAは非常に多彩であり、近縁種間であっても配列保存度が低いものとなっています。数百存在するmicroRNAとは対照的に、数万ものpiRNA配列がヒトやマウス、ラットにおいて知られています。piRNAは、長さおよび発現様式、ゲノム構成において、microRNAと非常に異なっています。piRNAの機能としては、生殖細胞におけるトランスポゾンのサイレンシングによるゲノム安定性の維持などが知られていますが、他にも機能を有する可能性があります。Arraystar piRNA microarrayは、ヒトおよびマウス、ラットに対応し、ロング オリゴヌクレオチド プローブの採用およびデュプレックスデザインにより、数万のpiRNAを高い特異性および感度でプロファイルし、piRNAの生物学や分子機能、生殖細胞やがん、その他の細胞型におけるバイオマーカー的機能に関する研究を支援します。

特長

  • piRNAを包括的にプロファイリング
  • ロング オリゴヌクレオチド プローブの採用による高い特性を実現

マイクロアレイ情報

生物種 ヒト マウス ラット
リファレンスゲノム hg19 mm9 rn4
piRNA数 23,677 43,537 39,727
プローブ長 60 nt
ラベリング法 T4 RNA リガーゼによる脱リン酸化RNAとの Cy3 標識
アレイフォーマット 4x44K

ワークフロー

本サービスでは、サンプル調整からデータ解析までのフルサービスを提供します。段階的な品質管理は、信頼できる結果の取得を確かなものとする様にデザインされています。お客様にはサンプルをご提供頂くだけです。
サンプルのご準備については、Sample Submission Guideline をご参照ください。

 ・RNA 品質チェック(QC)
 ・Cy3 ラベリング
 ・アレイハイブリダイゼーション、洗浄、スキャンニング
 ・データ抽出、解析、要約

バイオインフォマティクス

piRNAマイクロアレイのデータから、遺伝子発現値およびアノテーションがまとめられます。発現変動 piRNA は、変動および統計的有意差によって同定されます。(fig.1

参考文献

1. PIWIL3/OIP5-AS1/miR-367-3p/CEBPA feedback loop regulates the biological behavior of glioma cells. Liu X, et al. Theranostics, 2018
2. RASSF1C modulation of Piwi-interacting RNAs(piRNAs) in lung cancer YG Amaar, et Cancer Research, 2015
3. Roles of piRNAs in microcystin-leucine-arginine(MC-LR) induced reproductive toxicity in testis on male offspring. Zhang L, et al. Food and Chemical Toxicology, 2017
4. Piwi-interacting RNAs as novel prognostic markers in clear cell renal cell carcinomas. J Busch, et al. J Exp Clin Cancer Res., 2015
5. Altered Expression of PIWI RNA in the Rat Brain After Transient Focal Ischemia. Ashutosh Dharap, Venkata Prasuja Nakka and Raghu Vemuganti. STROKEAHA, 2010.

解析の流れと必要サンプル量

解析の流れと必要サンプル量をご参照ください。

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


参考価格・納期

アレイ名 フォーマット サンプル数 価格(税抜) Cat.#
piRNA Array受託解析サービス ヒト 1サンプル単位の受付 ¥110,000 F-AS-PIH-(サンプル数)
マウス F-AS-PIM-(サンプル数)
ラット F-AS-PIR-(サンプル数)

* 1サンプルの解析料金です。海外提携先への送料が別途必要となります。


関連サイト



※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。