受託オンライン

ID: E01401
富士フイルム和光純薬 / 福島医薬品関連産業支援拠点化事業

ヒトタンパク質マイクロアレイを用いた抗体プロファイリングの受託解析

16,680種類のヒトタンパク質に対する抗体の結合を検出可能


カテゴリ
遺伝子発現解析 > マイクロアレイ解析 > 抗体アレイ解析・プロテインアレイ解析

サービスについて

特長

  • ガラス基板を使用
  • 検出は2色法を採用
  • 独自に開発したヒトタンパク質マイクロアレイを使用
  • 16,680種類のヒトタンパク質に対する抗体の結合を検出可能
  • 独自検証したノーマライズ方法によりアレイ間の比較解析が可能

用途・仕様例

  • 血中抗体のプロファイリング
    ⇒血中の自己抗体の検出、バイオマーカーの探索
  • 抗体の品質評価
    ⇒標的特異性の評価

ヒトタンパク質マイクロアレイ 搭載タンパク質

ヒトcDNAより合成したヒトタンパク質を搭載しています。

ヒトタンパク質マイクロアレイ
・総タンパク質数 16,680種(総スポット数は約18,000 スポット)
・15,406遺伝子に対応
・公共データベースに登録されている基準配列(NCBI RefSeq, UniProtKB/Swiss-Prot)に相当する
 タンパク質 15,272種を含む
・がんを中心としたヒトの諸疾患に認められる変異体・融合タンパク質 1,190種を含む
・タンパク質の機能分類に基づく主要なカテゴリーにおけるタンパク質数は(fig.1)の通り(*1)
・(fig.1)の標準型タンパク質主要カテゴリーの多くについて8割以上の遺伝子を網羅
・25遺伝子に由来する変異体タンパク質と、12パターンのALK融合遺伝子に由来するタンパク質を含む
・TP53, EGFR の変異体を多数取り揃える
*1 複数のカテゴリーに属するタンパク質の場合、タンパク質数はそれぞれの所属カテゴリーにおいて個別にカウントしています。
*2 感覚受容器受容体を除いたタンパク質数です。

ヒトタンパク質マイクロアレイを用いた抗体評価

  • 抗体評価の例:良い抗体(fig.3
    標的タンパク質のみに特異的に結合する抗体
  • 抗体評価の例:悪い抗体①(fig.4
    標的以外のタンパク質に非特異的に強く交差する抗体
  • 抗体評価の例:悪い抗体 ②(fig.5
    標的以外のタンパク質に特異的に強く交差する抗体

関節リウマチ患者血清の自己抗体の検出

タンパク質マイクロアレイで取得した対数比ヒストグラムはベル型(正規分布様)となる(fig.6
ページ先頭へ戻る

ご提供いただく抗体・検体(血清・血漿)必要量

  • 抗体:1µg/µLの抗体をPBS溶液で20µL
  • 血清、血漿:100µL
ページ先頭へ戻る

解析結果報告書見本

ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

サービス項目 価格 納期
ヒトタンパク質マイクロアレイを用いた抗体プロファイリングの受託解析 お問い合わせ お問い合わせ
ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。