受託オンライン

ID: E01456
フナコシ / セルファイバ

細胞ファイバ作製受託サービス

お手持ちの細胞を三次元組織化いたします


カテゴリ
細胞解析・作製・培養 > 機能評価・細胞培養・細胞解析 > 3次元培養
細胞解析・作製・培養 > 機能評価・細胞培養・細胞解析 > 細胞アッセイ・細胞培養・細胞評価活性測定

サービスについて

概要

お手持ちの細胞からハイドロゲルの薄い層で覆われたひも(ファイバ)状の三次元組織を作製する受託サービスです。 作製した細胞ファイバは、基礎研究から再生医療研究、および薬物・化粧品などの効能・安全性評価といった幅広い分野において応用が可能です。

細胞ファイバとはfig.1)(fig.2

東京大学 生産技術研究所 竹内昌治研究室によって開発された細胞ファイバは、細胞と細胞外マトリクスとハイドロゲルからなるひも状の組織で、「生きた細胞」を用いた次世代の繊維素材です。

・直径は100~1,000μm程度で任意の太さにでき、細胞ファイバの一本一本が三次元組織を形成しています。
・編む・織る・束ねるなどの操作により大きな組織を作ることができます。
・様々な種類の細胞を内包できます。また、微生物やタンパク質などを内包したファイバも作製できます。
・移植時には表面のゲルが免疫隔離膜として機能します。

特長

  • ヒト細胞で構成された細胞ファイバを薬物評価研究などに用いることにより、平面培養組織や実験動物に比べ、よりヒト生体を模倣した環境でデータが得られます。
  • ファイバ内の細胞へ酸素や栄養分が浸透するため、立体組織を壊死させずに長期間維持できます。(例:神経組織を2ヶ月以上維持)
  • 細胞外マトリクスの種類を変更でき、細胞と細胞外マトリクスの相互作用評価が可能です。
  • 線維状の生体組織構造(神経、筋肉、血管等)を模倣した研究にも使用できます。
  • * ハイドロゲル層の透過性は、物質の分子量に依存します。

応用例

研究分野 研究内容 作製する細胞ファイバの例
医療・製薬関連 ・効能・安全性・浸透性評価の研究。
・細胞保護の研究。
・再生医療関連の研究。
iPS細胞、心筋、肝臓、血管、神経など各種細胞。
基礎研究関連 ・三次元細胞組織を用いた実験。
・微生物の共培養・観察。
各種細胞、微生物など。
食品関連 ・安全性評価の研究。
・健康食品・機能性食品・微生物含有食品の
 開発に関する研究。
・食品製造プロセスの検討。
肝臓、脂肪などの細胞。微生物。
化粧品・ヘルスケア関連 ・効能・安全性評価の研究。
・製品開発に関する研究。
・サプリメントの内包に関する研究。
皮膚、筋肉、脂肪などの細胞。
環境・農漁業関連 ・土壌改良、水質浄化に関する研究。
・品種改良、育種に関する研究。
微生物、植物細胞、家畜細胞など。
生産プロセス関連 ・発酵、醸造に関する研究。
・抗体等のタンパク質生産。
・細胞大量培養。
iPS細胞、組換え細胞、微生物など。

使用例

Ⅰ型糖尿病モデルマウスへの膵島細胞ファイバの移植fig.3
Ⅰ型糖尿病モデルマウスの腎皮膜下へ膵島細胞ファイバを移植した。ハイドロゲル層(免疫隔離膜)によりファイバ内の細胞が保護されているため、拒絶反応が抑制され、長期間にわたり実験動物 の血糖値コントロールを行えることが確認された。また、ファイバは取り出しが可能であり、取り出し後、血糖値が再び上昇するのを確認した。

サービスの流れ

【条件検討フェイズ】

1. お問い合わせ:
細胞や微生物の名称、培地の組成、使用目的などのご要望をお聞かせ下さい。お客様の目的に沿ったファイバの仕様をご提案いたします。

2. 試料ご送付:
提案内容にご納得いただけましたら、ファイバ化する細胞と培地類(特殊なものの場合)をお送り下さい。経験豊富な技術者が、ファイバ化に最適な条件を検討いたします。

3. 検討結果のご確認:
条件検討の結果をご確認いただき、作製フェイズへ進むか否かをご判断下さい。

【作製フェイズ】

4. 作製・納品:
作製へ進む旨のご連絡をいただいた後、見出した条件のもとで必要な量のファイバを作製し、納品いたします。

* 「条件検討フェイズ」のみのご依頼も承ります。
ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

サービス項目 価格 納期
細胞ファイバ作製受託サービス お問い合わせ お問い合わせ
ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。