受託オンライン
Commissioned Research Online

受託オンライン
株式会社薬研社

ID: J01681
ID: J01681
Cancer Precision Medicine(キャンサープレシジョンメディシン) / Cancer Precision Medicine:CPM

MHCテトラマー解析

蛍光標識したMHCテトラマーを用いたフローサイトメトリーにより、サンプル中の抗原特異的T細胞を検出します。


カテゴリ
細胞解析・作製・培養 > 機能評価・細胞培養・細胞解析 > フローサイトメトリー・マスサイトメトリーによる各種解析
細胞解析・作製・培養 > 細胞解析用試薬合成 > MHCテトラマー合成

サービスについて

概要

蛍光標識したMHCテトラマーを用いたフローサイトメトリーにより、サンプル中の抗原特異的T細胞を検出します。MHCテトラマー解析は、感染症やがん免疫療法、自己免疫疾患などの基礎研究および臨床開発において、T細胞免疫応答のモニタリング法として利用されています。ソーティングにより回収した抗原特異的T細胞は、T細胞受容体(T-cell receptor;TCR)レパトア解析用サンプルとして利用することができます。

特長

  • 日本国内完結型の受託解析サービス
  • カスタムテトラマーの作製にも対応
  • サンプル中に存在する抗原特異的T細胞の前培養(IVS)を実施
  • ELISPOT解析やTCRレパトア解析と組み合わせた詳細な免疫解析の一括受託も可能

解析内容

サンプルとして、ヒト末梢血単核球(PBMC)、MHCテトラマー(既製品)もしくは抗原ペプチド(カスタムテトラマー作製用)をご提供いただきます。提供いただいたMHCテトラマー、またはCPM社にて作製した蛍光標識MHCテトラマーでPBMCを染色し、フローサイトメトリーにより解析を行います。(fig.1
前培養(IVS) テトラマー解析前に、IVS(in vitro sensitization)による前培養を2週間行います。IVSは試験管内での抗原刺激によって抗原特異的T細胞の活性化や増殖を促す方法です。がん抗原特異的T細胞など、存在頻度の低い細胞を検出する場合に実施を推奨しています。(前培養なしでのご依頼も可能です。)
カスタムテトラマー作製(オプション) ご提供いただいた抗原ペプチドを用いて、解析に使用する蛍光標識MHCテトラマーを作製します。(QuickSwitch Quant Tetramer Kitを使用)
* 対象:HLA-A*02:01およびHLA-A*24:02
* ペプチドのHLAに対する結合親和性が低い場合、MHCテトラマーを作製できないことがあります。
テトラマー染色 蛍光標識したMHCテトラマーとT細胞表面に発現しているT細胞受容体が結合します。
フローサイトメトリーによる検出 フローサイトメトリーにより、蛍光標識MHCテトラマーに結合した抗原特異的T細胞を直接検出します。
データ解析 抗原特異的T細胞(MHCテトラマー陽性細胞)の存在率を算出します。
【受託項目】
MHCテトラマー解析 PBMCの前培養後、MHCテトラマーを用いてテトラマー解析を行います。
* 使用するMHCテトラマーは、ご提供いただくか、オプションの「カスタムテトラマー作製」を合わせてご依頼ください。
* 前培養が不要な場合はご相談ください。
オプション カスタムテトラマー作製 抗原ペプチドをご提供いただき、解析に使用する蛍光標識MHCテトラマーをカスタムで作製します。(対象:HLA-A*02:01およびHLA-A*24:02)
抗原特異的T細胞の分離・回収
(セルソーティング)
MHCテトラマーにより標識したオプションMHC陽性細胞をセルソーターを用いて分離・回収します。別途「T細胞受容体(TCR)レパトア解析」を組み合わせてご依頼いただくことも可能です。

ご提供いただくサンプル

以下の条件を満たさない場合や、ウイルス等による感染性が疑われるサンプルの場合は事前にご相談ください。

解析項目 材料 必要量 保存容器 保存方法 備考
MHCテトラマー解析 ヒトPBMC 6×106 cells程度
(抗原ペプチド1種類あたり)
解析条件に依存するため要相談
1.5~2 mLチューブ 細胞保存液を添加し、-80℃
抗原ペプチド 粉末 2 mg
(凍結乾燥、純度95%以上)
0.5~2 mLチューブ 各ペプチドの最適保存条件にて保存 抗原ペプチドによる前培養を行う場合。詳細は個別にご相談ください。
MHCテトラマー
(既製品)
25 μL 0.5~2 mLチューブ(遮光) 4℃(遮光) オプション「カスタムテトラマー作製」をご依頼いただく場合は不要
カスタムテトラマー作製 抗原ペプチド 粉末 1 mg
(凍結乾燥、純度95%以上)
0.5~2 mLチューブ 各ペプチドの最適保存条件にて保存 対象:HLA-A*02:01
HLA-A*24:02
抗原特異的T細胞の
分離・回収
別途お問い合わせください。

サンプルのご送付

解析に必要なサンプルを、CPMクリニカルラボまでご送付ください。月~金曜日(祝祭日を除く)着にて手配をお願いいたします。解析内容により、送付日の調整をさせていただく場合がございます。

  • サンプルには、解析依頼書別紙「サンプルリスト」を同梱してください。
  • 各サンプルチューブ(もしくはプレート)に、解析依頼書別紙「サンプルリスト」に記入したサンプル番号もしくはサンプル名を明記してください。
  • サンプルは、以下の輸送条件にて着払いでご送付ください。
  • 専門業者による輸送も承っております。ご希望の場合は事前にご相談ください。
サンプルの保存条件 輸送条件
冷蔵(4℃) 保冷剤梱包・冷蔵便
冷凍(-20℃)、超冷凍(-80℃) ドライアイス梱包・冷凍便

納品物

以下のデータを納品いたします。
MHCテトラマー解析 ・ドットプロット
・各細胞集団の細胞数および全細胞集団に占める割合
オプション:
抗原特異的T細胞の分離・回収
(セルソーティング)
別途お問い合わせください。

納品方法:以下のいずれか
      ・メール添付(パスワード付きZIPファイル)
      ・CD-R等
      ・クラウド


ご注文に関して

以下のファイルをご利用の上、お問い合わせフォーム からご送付ください。

専用注文書類

参考価格・納期

サービス項目 価格(税抜) 納期
MHCテトラマー解析 お問い合わせ お問い合わせ

関連サイト



※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。