受託オンライン

ID: E01340
新組織科学研究所 / 新組織科学研究所

高度な作製技術を要する臓器の標本作製

高度な作製技術を要する臓器の標本作製を承ります。


カテゴリ
病理標本作製・検査 > 免疫組織化学・組織標本・電顕 > 標本・組織・臓器アレイブロック作製

サービスについて

大動脈弁の標本作製

動脈硬化病変の観察に適した病理標本作製サービスです。
大動脈弁における病理標本作製は動脈硬化形成病変モデル動物での受託実績があります。

  • 受託対象動物:ラット・マウス
  • 技術:組織学的な知識と共に的確な薄切技術が必要であり、経験と優れた標本作製技術が必要です。
  • サービス内容
    大動脈弁の先端へ薄切を開始し弁の内部から50μm間隔で基部まで12枚の亜連続切片作製を行ないます。
    1スライドに3切片のせたスライドを4枚作製してセット納品します。染色費用は別途請求となります。
  • オプション
    研究目的に沿った写真撮影(ショット写真、バーチャルスライド)、検鏡、画像解析(面積測定等)も受託可能です。

蝸牛管の標本作製

蝸牛管(かぎゅうかん)とは、内耳の蝸牛・前庭・三半規管の中で聴覚をつかさどる感覚器官のひとつです。中学・高校の生物では「うずまき管」とも解説されています。形態的に「カタツムリ」に似た「巻き貝状」として知られています。
蝸牛管は内部がリンパ液で満たされており、鼓膜そして耳小骨を経て蝸牛へと伝わってきたわずかな振動をリンパ液を通じて基底膜に伝えます。基底膜に伝わった振動は脳へと送られることで、音を把握します。蝸牛管はリンパ液で振動を基底膜へと伝えるほかにリンパ液を生成する役割も持ちます。

  • 受託対象動物:ラット・マウス
  • 固定方法:初期固定が重要であり、還流固定等を実施する場合もあります。
  • 技術
    非常に複雑な器官のため、組織学的な知識だけではなく、経験と優れた標本作製技術が必要とされます。
  • サービス内容
    蝸牛内部にある渦巻構造(前庭階、中央階、鼓室階)の観察に有効な病理標本作製サービスです。コルチ器、有毛細胞、ライスナー膜の観察も可能です。構造的に標本1枚での納品は不可能です。下記の内容での納品となります。

    <基本セット>
    1)薄切時に蝸牛が出始めてから10μm間隔の亜連続標本25枚を作成し、内5枚(5箇所)のHE染色を実施し納品します。
    2)免疫染色・特殊染色を同時に依頼される場合は、1染色ごとに指定いただいた近傍切片の亜連続標本から染色を実施します。
  • オプション
    研究目的に沿った写真撮影(ショット写真、バーチャルスライド)、検鏡、画像解析(内リンパ腔の面積測定等)も受託可能です。

眼球黄斑部・視神経病理標本作製

「眼球黄斑部」とは、目の「網膜中心部で視細胞が密集している場所」の名称です。 この黄斑部の働きによって視力が決まるという「物を見る」ために重要な場所です。
病理学的には、眼底部、主に網膜の変化を観察する(刺激性試験)を目的とする際に、黄斑部・視神経を含めた断面を標本化して欲しいという依頼があります。

  • 受託対象動物:サル
  • 固定方法
    Davidson液組成 95%エタノール 75mL
    ホルムアルデヒド 50mL
    酢酸 25mL
    精製水 50mL
    ①眼球摘出後、割を入れずDavidson液に浸漬固定。
    ②固定浸漬時間は24時間(過固定となるとアーチファクトの要因になります)。
     ・固定開始4~8時間後に標本作製に関わらない部位をカット除去し、固定液が内部に
      入るようにして下さい(眼球全体を固定する目的です)。
     ・網膜付近まで大きくカットしてしまったり、物理的な圧力で眼球を変形させてしまうと
      網膜の剥がれが発生する可能性が高くなりますので作業される際はご注意ください。
    ③24時間固定後に10%中緩衝性ホルマリン溶液に浸漬。可能であれば3時間後に新しい
     中性緩衝ホルマリン溶液に浸漬して新組織科学研究所に送付ください。
  • 納品:作製包埋ブロック、HE染色標本1枚
ページ先頭へ戻る

サンプルについての注意事項

ご依頼いただくにあたり、下記の注意事項をよくお読みください
埋植検体の取扱について
ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

サービス項目 価格 納期
高度な作製技術を要する臓器の標本作製 お問い合わせ お問い合わせ
ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。