受託オンライン

ID: E00556
コスモ・バイオ / バイオマトリックス研究所

抗原浮遊法CELIXSYS による抗体作製受託サービス

新しい抗原浮遊系スクリーニングシステム-従来の抗原固相法の盲点を克服


カテゴリ
抗体作製 > 抗体作製 > 各種動物 / 非動物 モノクロ・ポリクロ抗体・組換え体抗体作製・精製

サービスについて

背景

バイオマトリックス研究所(BMR)では、お客様のご要望にお応えできるモノクローナル抗体作製のため、初期スクリーニングにて抗原分子上のエピトープを網羅的にカバーできる抗原浮遊スクリーニングシステムCELIXSYS を開発しました。 モノクローナル抗体作製のキーファクターは、『効率的な免疫誘導』と『スクリーニング戦略』です。
初期スクリーニング方法により、作製できるモノクローナル抗体の品質・性能が概ね決定されるため、目的にあったモノクローナル抗体を作製するためには、初期スクリーニング戦略が非常に重要です。従来の 抗原固相法では初期スクリーニング時に逃していた抗体産生クローンも、CELIXSYS をご利用いただくことで取得できるようになり、これまで困難であったモノクローナル抗体作製を実現します。

適用

CELIXSYS では、基礎研究だけでなく、抗体アレイ、サンドイッチELISAなどに有用なクローンが含まれるグループも効率的にスクリーニング可能です。

サンプル形式

抗原サンプル(リコンビナントタンパク質)
2mg以上、純度80%以上、濃度0.5mg/mL以上
バッファーは生体に投与して毒性の弱いもの
SDS-PAGE写真添付(必須ではございません)

* 抗原作製からのご依頼も承ります(大腸菌発現系によるリコンビナント抗原、合成ペプチドなど)

標準工程

  1. 免疫工程
    抗原をマウスに免疫
  2. 細胞融合・1次スクリーニング
    CELIXSYS (抗原浮遊法(fig.1))スクリーニング又は従来法(抗原固相法(fig.2))をご選択
  3. 単クローン化
    樹立ハイブリドーマ最大5クローン選別
  4. 培養・精製
    お客様にご指定頂いた樹立ハイブリドーマ1クローンを培養・精製
  5. 納品
    1クローン分の精製IgGを2mg、その他の樹立ハイブリドーマ最大クローン
・スクリーニングのストラテジー(fig.3
 従来法では、エピトープの遮蔽や変性といった物理化学的制約を受け、抗体の反応性が限定されます。
ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

サービス項目 価格 納期
抗原浮遊法CELIXSYS による抗体作製受託サービス お問い合わせ お問い合わせ
ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。