受託オンライン

ID: E01411
新組織科学研究所 / 新組織科学研究所

病理材料のイメージング(MRI & CT)

MRIまたはMicro X-ray CTを利用し、標本作製前に材料の内部を非侵襲的に確認できるサービスです。


カテゴリ
病理標本作製・検査 > 免疫組織化学・組織標本・電顕 > 病理材料イメージング 撮影サービス(MRI撮影・CT撮影)
病理標本作製・検査 > 免疫組織化学・組織標本・電顕 > 標本・組織・臓器アレイブロック作製

サービスについて

サービス内容

従来、病理標本を作製する前に、材料の内部(湿固定臓器内・包埋ブロック内)の状況は確認できませんでした。 そのため「目的部位の確認」には想定される可能性の下で、連続薄切等での作業を行う必要がありました。

本サービスは、MRIまたはMicro X-ray CTを利用し、標本作製前に材料の内部を非侵襲的に確認できるサービスです。
病理標本作製の状況を踏まえて材料によって使用装置が変わります。

装置の特徴 MRI CT
対象動物 規格内の大きさの臓器
得意な組織・臓器・材料 軟組織、歯肉、埋植物★、穿刺痕★など
★:MRIとのセット受託となります。
骨組織(軟骨部位観察不可能)
金属材料(ステント、インプラント等)
☆歯・顎骨、ノッチ、埋植物対象の場合 はCTとのセット受託となります。
撮影可能な材料 湿臓器
(アルコール(脱水)浸漬固定厳禁)
(水分が多く・柔らかい材料)
パラフィンブロック材料
樹脂包埋ブロック材料
(水分が少なくX線が透過しにくい材料)
成約条件 内部に硬い材料が含まれると不適
期日を厳守した固定作業
(過固定リスク防止)
軟組織部位は撮影不可能
材料の大きさ 湿臓器:
長さ40mm×直径20mm以内
包埋ブロック:
縦10cm×横5cm×高6cm以内
材料の受取 過固定を防ぐために、装置撮影日を確認の上、指定日当社着で発送ください。 適時
イメージ分解能 100μm 数(10)~ 140μm
(撮影物の大きさで変化する)
DICOMファイル提供 材料受取後約7~14営業日位(CTで湿臓器からの依頼の場合は包埋完成後から)

ご依頼の流れ

お客様との相談の結果に基づき各種研究目的に沿ったイメージング情報を提供し、 目的位置が確認できた場合に引き続き病理標本サービス(標本作製、標本のバーチャルスライドまたはショット写真撮影、解析・判定)までの受注が可能です。

撮影例

撮影例 MRI CT
マウス脳 ステント留置血管 ラット顎骨
3D撮影
断層撮影
*「ラット顎骨」の画像は参考例です。現在樹脂包埋標本作製は受託しておりません。(2019年9月)
ページ先頭へ戻る

サンプルについての注意事項

ご依頼いただくにあたり、下記の注意事項をよくお読みください
埋植検体の取扱について
ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。

製品カタログ・リーフレット

ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

サービス項目 価格 納期
病理材料のイメージング(MRI & CT) お問い合わせ お問い合わせ
ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。