受託オンライン

ID: E01500
ジェンスクリプトジャパン / ジェンスクリプトジャパン

1本鎖DNA合成サービス

効率的で正確なCRISPRノックインに最適なssDNA


カテゴリ
遺伝子工学 > 遺伝子実験 > ゲノム編集(CRISPR-Cas9・TALEN・ZFN)

サービスについて

概要

GenScriptは、CRISPR相同組み換え修復(HDR)を利用した遺伝子ノックインの効果を最大化する、高品質で配列検証済みの1本鎖DNAの提供を開始します。

CRISPRノックイン用HDRテンプレートとして1本鎖DNAを使用する利点

  • 高い編集効率
  • 低い細胞毒性
  • オフターゲット効果の低減
  • 正確性の向上
  • 初代細胞や幹細胞の編集に最適
  • 遺伝子改変動物モデルの作製に最適

特長

  • サンガー法シーケンシングによる解析を行い、製品の目的配列が正しいことを保証します。
  • 独自の手法で、2本鎖DNAは検出できないレベルに抑え、塩基損傷を最小限に防ぎます。
  • 20μgまでの収量増が可能で、様々な実験デザインに対応できます。
  • テンプレート配列を製造部で保存するため、同じ配列をより速く安価に再注文できます。
  • 16年以上にわたる遺伝子合成サービスで培った経験とノウハウがあります。

CRISPR HDRによる遺伝子ノックインのメカニズム

CRISPR/Cas9テクノロジーは、標的の遺伝子上に適切な2本鎖DNA切断(DSBs)を起こすために広く用いられています。ガイドRNA(gRNA)は標的DNA上のprotospacer adjacent motif(PAM)配列を認識し、Cas9との複合体を形成します。そしてCas9エンドヌクレアーゼ活性によって生じる2本鎖切断が2種類のゲノム編集の引き金となります。1つはnon-homologousend-joining(NHEJ)で2本鎖切断サイトに挿入または欠損の変異を導入します。もう1つはhomology directed repair(HDR)で、ドナーDNAを切断サイトン挿入し、遺伝子ノックインを引き起こします。

従来、HDRドナーテンプレートとしては2本鎖DNAがよく用いられてきました。しかしながら最近の研究から、1本鎖DNA(ssDNA or ssODN)がCRISPRベースの遺伝子挿入や置換、修正などに最適であることが明らかになっています。1本鎖DNAを使用することで、初代細胞や幹細胞の編集、遺伝子改変動物モデルの作製において、編集効率や正確性、オフターゲット効果などの点で大きく改善されることが示されています。

1本鎖DNAをより使いやすくするため、GenScriptは独自のアプローチで2本鎖DNAを検出できないレベルまで抑え、DNAの損傷を最小限に抑えています。配列の100%保障と収量増へのフレキシブルな対応を備えた本サービスをご利用いただければ、CRISPR遺伝子ノックインはさらに容易に行えるようになります!
ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。

製品カタログ・リーフレット

ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

サービス名 サイズ(Nucleotides) 収量 価格 作業日数(営業日)
1本鎖DNA合成サービス 151~500nt 3μg ¥56,000 15~18
5μg ¥77,000
10μg ¥112,000
20μg ¥182,000
>20μg お問い合わせ
501~3,000nt 3μg ¥112/nt 18~23
5μg ¥140/nt
10μg ¥182/nt
20μg ¥266/nt
>20μg お問い合わせ
3,000~5,000nt お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ

*作業日数に加え、別途4~5日の輸送時間がかかります。

ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。