受託オンライン

ID: E01511
フィルジェン / Arraystar(アレイスター)

Non-coding RNAマイクロアレイ受託解析サービス

ベストセラーであるLcnRNAマイクロアレイをはじめ、CircRNAマイクロアレイ、T-UCRマイクロアレイ、piRNAマイクロアレイの受託サービスを提供


カテゴリ
遺伝子発現解析 > マイクロアレイ解析 > 遺伝子発現解析・網羅遺伝子解析

サービスについて

SE-LncRNA Array 受託解析サービス

Super-enhancer LncRNA(SE-LncRNA)Arrayは、スーパーエンハンサー(SE)領域から転写されたLncRNAを、対応するサンプルから出版可能なデータまで、包括的なSE-LncRNAのサービスを提供しています。

特長

  • SE-LncRNAとSuper-LncRNAの包括的なコレクション
  • SE-LncRNAに関連する標的mRNA遺伝子の同時プロファイリング
  • 転写因子とがん遺伝子の全セット
  • SE-LncRNA、スーパーエンハンサー、および標的の詳細なアノテーション
  • 明確で信頼性の高いSE-LncRNAアイソフォーム検出
  • 不安定なSE-LncRNAの高感度検出のための効率的な標的標識
  • RNA-Seqよりも優れたLncRNAの定量

(強力なSE-LncRNAコレクション)
  • 包括的かつ、高品質でシステマチックなLncRNAの編集のためのプレミアムトランスクリプトーム、およびLncRNAデータベースを使用したLncRNAを基盤としています。
    • - RefSeq、UCSC knownGene、GENCODE、LncRNA db、RNA db、NRED、およびIncRNA一覧などの公的データベースから信頼性の高いLncRNAを調達
    • - 十分にアノテーションがつけられ、実験的に研究されたゴールドスタンダードのLncRNAを、およびPubmedインデックス付きLncRNA
    • - 継続的な出版物のレビューとセレクションによるLncRNAのキュレーション
  • スーパーエンハンサー領域は、dbSUPERデータベースに一覧化されています。
  • SE-LncRNAは、LncRNAをスーパーエンハンサー領域にマッピングすることによって同定されます。

(ユニークなエキソンまたはスプライスジャンクションアレイプローブ)

実験的観察、定量、創刊および正確な制御関係の確立を目的とした、SE-LncRNAとその標的遺伝子の同一アレイ上での同時プロファイリングを行います。また、SE-LncRNAの転写産物アイソフォームは、細胞あたり1つの転写産物で高い感度で、ユニークなエキソンまたはスプライスジャンクアレイプローブ(fig.1)によって、明確に、特異的かつ確実に検出されます。

(スーパーエンハンサー、SE-LncRNAおよびそれらに関連する標的コード遺伝子についての詳細なアノテーション)(fig.2)(fig.3

  • *SE-LncRNAのアノテーションは以下のものを含んでいます。
    • transcript ID、gene symbolおよびalias、ゲノム遺伝子座、配列および長さ、細胞内局在、関連する細胞または組織の種類、がんおよび疾患、重複したスーパーエンハンサー情報
  • *標的コード遺伝子の注釈は以下の通りです。
    • 重複したgene symbolとID、近位のgene symbolとgene ID

アレイデザインの背景

Arraystar社は、ヒト、マウス用のSE-LncRNAアレイを開発し、SE-LncRNAとそのシスまたはトランス調製コード遺伝子を同じアレイ上で包括的、系統的かつ高感度にプロファイリングします。

Super-enhancer LncRNAについて
Super-enhancer LncRNAは、新規クラスのマスターRNA調節因子として出現しており、スーパーエンハンサーゲノム遺伝子座から転写された、long-noncoding RNAの特別なセットです。
SE-LncRNAは、スーパーエンハンサーとともに、転写因子とラッピング、クロマチンルーピング、クロマチン修飾、PolIIローディング、及び転写抑制因子の放出のメカニズムによって近くの遺伝子発現を活性化します(fig.4
また、SE-LncRNAは、標的遺伝子をトランス活性化することが増えています[1]。
SE-LncRNAは、多くのヒト疾患と関連しており、それらの発現は深刻な表現型の変化を示しています[1-3]。


生物学および疾患におけるマスターレギュレーターRNA
Super-enhancer LncRNAは、最終的に細胞型、細胞の同一性、および疾患を決定する多様な遺伝子発現プログラムにおいて主要な調節的役割を果たしています。例えば、SE-LncRNAのCERNAおよびDRRRNAは、マスター転写因子MyoDおよび筋形成遺伝子を自己調節して筋形成をオンにします[2]。多くのSE-LncRNAはがんと密接に関係しています。良い例は、MYC遺伝子の上流にあるCCAT1-Lです。それは、エンハンサー・プロモーターループ形成を媒介して、MYC発現を活性化し、そして結腸直腸がんの進行を促進させます[3]。
Arraystar社は、SE-LncRNA、標的遺伝子、転写因子、およびがん遺伝子を同時にプロファイリングするためのSE-LncRNAプロファイリングソリューションを開発し、それらの制御下にあるSE-IncRNAおよびコード遺伝子の調査を加速させます。

データベース

Human SE-LncRNA Array
プローブ総数 14,873
プローブ長 60nt
プローブ選択領域 SE-LncRNA転写産物特異的スプライスジャンクションまたはエクソンを標的とするプローブ
プローブ特異性 転写物固有
ラべリング方法 低コピー数の転写物を高感度で検出するための蛍光標識標的cRNAを生成するための効率的強力なリニア増幅法
SE-LncRNAとSuper-LncRNA 7,753
SE-LncRNA標的コード遺伝子 7,040
SE-LncRNAのソース dbSUPERデータベースに登録されているスーパーエンハンサー遺伝子座にマッピングされた、Arraystar Premiumトランスクリプトームデータベースから得たゴールドスタンダードのLncRNAと信頼できるLncRNA。スーパーエンハンサーと重複したLncRNAは、SE-LncRNAとして同定され、アノテーションが付けられている。
ゲノム遺伝子座が一覧化されたスーパーエンハンサー遺伝子座と重複する。文献[4、5]に由来するエンハンサーLncRNA。
Super-LncRNAのソース Super-LncRNAは、スーパーエンハンサー内の複数のアンカーDNA部位を有するRNA:DNA:DNA三重鎖を形成し、スーパーエンハンサーへの調節因子を導入するlong noncoding RNA。Super-lncRNAはクロマチン構成に影響を及ぼし、スーパーエンハンサー[6]に関連する重要な組織特異的遺伝子の空間的な増幅部位として機能する。
SE-LncRNA標的コード遺伝子のソース SE-LncRNAゲノム遺伝子座と重複するが、または転写開始部位(TSS)がSE-LncRNAゲノム遺伝子座境界の50kb以内にあるRefSeq遺伝子をSE-LncRNA標的コード遺伝子として収集する。これらの遺伝子は、TFチェックポイントデータベース由来の3,153の転写因子(TF)、およびブッシュマンラボデータベース由来の1,448のがん遺伝子を含む。
アレイフォーマット 8×15K


Mouse SE-LncRNA Array
プローブ総数 14,637
プローブ長 60nt
プローブ選択領域 SE-LncRNA転写産物特異的スプライスジャンクションまたはエクソンを標的とするプローブ
プローブ特異性 転写物固有
ラべリング方法 低コピー数の転写物を高感度で検出するための蛍光標識標的cRNAを生成するための効率的かつ強力なリニア増幅法
SE-LncRNAとSuper-LncRNA 8,222
SE-LncRNA標識コード遺伝子 6,385
SE-LncRNAのソース dbSUPERデータベースに登録されているスーパーエンハンサー遺伝子座にマッピングされたArraystar Premiumトランスクリプトームデータベースから得たゴールドスタンダードのLncRNAと信頼できるLncRNA。スーパーエンハンサーと重複したLncRNAは、SE-LncRNAとして同定され、アノテーションが付けられている。
SE-LncRNA標的コード遺伝子のソース SE-LncRNAゲノム遺伝子座と重複するか、または転写開始部位(TSS)がSE-LncRNAゲノム遺伝子座境界の50kb以内にあるRefSeq遺伝子をSE-LncRNA標的コード遺伝子として収集する。これらの遺伝子は、TFチェックポイントデータベース由来の2,883の転写因子(TF)、およびSBCDDBデータベース由来の593のがん遺伝子を含む。
アレイフォーマット 8×15K

ワークフロー

サンプル調整から詳細なデータ分析まで、フルサービスのSE-LncRNA Arrayプロファイリングを提供
  • RNA単離(オプション)
  • RNA QC
  • cDNA合成
  • Cy3による効率的な標識によるターゲット調製
  • アレイハイブリダイゼーション、洗浄、およびスキャン
  • データの抽出、解析および要約

参考文献

  1. Bradner JE, Hnisz D, Young RA: Transcriptional Addiction in Cancer. Cell 2017, 168(4):629-643.[PMID:28187285]
  2. Alvarez-Dominguez JR, Knoll M, Gromatzky AA, Lodish HF: The Super-Enhancer-Derived alncRNA-EC7/Bloodlinc Potentiates Red Blood Cell Development in trans. Cell Rep 2017, 19(12):2503-2514.[PMID:28636939]
  3. Xiang JF et al: Human colorectal cancer-specific CCAT1-L lncRNA regulates long-range chromatin interactions at the MYC locus. Cell Res 2014, 24(5):513-531.[PMID:24662484]
  4. Vucicevic D et al: Long ncRNA expression associates with tissue-specific enhancers. Cell Cycle 2015, 14(2):253-260.[PMID:28241135]
  5. Hon CC et al: An atlas of human long non-coding RNAs with accurate 5’ ends. Nature 2017, 543(7644):199-204.[PMID:28241135]
  6. Soibam B: Super-lncRNAs: identification of lncRNAs that target super-enhancers via RNA:DNA:DNA triplex formation. RNA 2017, 23(11):1729-1742.[PMID:28839111]
ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

サービス名 生物種 サンプル数 価格 納期 カタログ#
Super-enhancer LncRNA Array ヒト 1サンプル ¥105,000 お問い合わせ F-AS-SELNCH-[サンプル数]
マウス 1サンプル ¥105,000 お問い合わせ F-AS-SELNCM-[サンプル数]
ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。