受託オンライン

ID: E01452
倉敷紡績 / 倉敷紡績

mRNA受託解析サービス(マイクロアレイ:GeneChip)

網羅的遺伝子発現解析をお手軽に(国内での解析です!)


カテゴリ
遺伝子発現解析 > マイクロアレイ解析 > 遺伝子発現解析・網羅遺伝子解析

サービスについて

概要

サーモフィッシャーサイエンティフィック社の遺伝子発現解析用マイクロアレイGeneChip(Clariom)を用いた受託解析サービスです。本サービスをご利用いただいた方にはクラボウ独自のソフトウェアTranscriptomeViewerをお届け致します。本ソフトウェアは出力データの可視化などご自身で簡便にデータ解析が可能なツールとなっております。
* クラボウはサーモフィッシャーサイエンティフィック社認定の受託解析サービスプロバイダーです。

特長

  • 網羅的遺伝子発現解析用マイクロアレイ
    網羅的遺伝子発現解析用マイクロアレイはClariom S Array、D Array、3’IVT Expression Array、Gene ST Arrayの4種からご選択可能です。
  • Clariom S Array
    Clariom S Array は遺伝子発現解析に特化することで優れたコストパフォーマンスを発揮します。また、Clariom S Arrayを用いることで、ヒト、マウス、ラットのトランスクリプトームを遺伝子レベルで理解できます。 このマイクロアレイは各種データベースに登録されている20,000以上の遺伝子(アノテーション済)をカバーしており、機能が既知の発現バイオマーカーをできるだけ迅速、簡便かつ優れた費用対効果で見つけるためのツールです。
  • 3’IVT Expression Array
    GeneChip 3’IVT Expression Arrayを使用して得られた研究成果は数多くの科学論文に寄稿、掲載され、市販の遺伝子発現解析用マイクロアレイ製品の中で群を抜く実績を誇ります。また、多数の解析データが公的データベースに登録、公開されており、幅広い実験条件の解析データを参照することができます。GeneChip 3’IVT Expression Arrayアレイでは1遺伝子に対して3’ 末端領域で複数(11~20個)のプローブを設計、配置しています。さらに各プローブについてパーフェクトマッチとミスマッチのプローブを搭載しています。これら複数のプローブを独立に計測することで、クロスハイブリによる解析エラーを有意に低減した、mRNA発現量に関する信頼性の高いデータが再現性よく得られます。
  • Gene ST Array
    本サービスで使用するGeneChip Gene ST Arrayは、1遺伝子全体にわたって平均26個のプローブが配置されており、同一遺伝子に由来する全ての転写産物が捕捉され、遺伝子発現の全体像を得ることができます。解析データは単一のシグナル値にシンプルにまとめられます。また、mRNAだけでなく遺伝子間の長い非コードRNA(lincRNA)の両方の転写産物を測定するためのプローブを搭載した全転写産物アレイデザインとなっております。
  • 各種マイクロアレイ、プローブデザイン
    各種マイクロアレイのプローブデザインは(fig.1)をご覧ください。
  • ご希望用途に合わせたマイクロアレイの選択が可能
    ご用途に合わせて最適なマイクロアレイをお選びいただけます。(fig.2

クラボウ独自の解析ソフトウェア「TranscriptomeViewer」が無償で付属

TranscriptomeViewerは、クラボウ マイクロアレイ受託解析サービスをご利用いただいた方に無償でご提供致します。本ソフトウェアは出力データのサンプル「群間」の比較や、クラスタリング解析、スキャッタープロット作成が可能な解析ツールです。(fig.3

  • クラスタリング解析例
    プローブ単位の系統樹を上側、サンプル単位の系統樹を左側に配置し、それぞれのリーフが交わるセルに発現シグナル値をマッピングしたヒートマップを表示します。ヒートマップはシグナル値が大きい順に赤色、黄色、青色で表示されます。またカラムを選択することで、そのカラム由来のデータ、アノテーション情報の表示が可能です。(fig.4
  • スキャッタープロット例
    発現変動遺伝子の有無を大まかに把握するためのスキャッタープロットの作成も可能です。グラフ中のデータポイントを選択すると、ポイント由来のデータおよびアノテーション情報を表示させることが可能です。(fig.5
  • 群間比較例
    遺伝子発現値を1サンプルごとの比較だけでなく、サンプル群間で比較解析することも可能です。(fig.6
  • Gene Ontology(GO)解析向けのデータ出力も可能
    Gene Ontology(GO)解析をサードパーティのウェブソフトで利用するためのファイルを出力可能です。データにはGene symbol の情報が含まれています。
ページ先頭へ戻る

必要なサンプル

解析を希望される各サンプルについて、以下のTotal RNAをご用意ください。
500ng以上(濃度 50ng/μL以上)
純度:A260/A280 = 1.9~2.1

* サンプルはヌクレアーゼフリー水に溶解してください。
* サンプルが上記規定に満たない場合は、お気軽にお問い合わせください。
* RNA抽出サービス(オプション)もご利用いただけます。 ページ先頭へ戻る

納品内容

  • 受託報告書
  • RNA初期チェック結果レポート
  • Raw Data(CEL、CHP、TXTファイル)
  • TranscriptomeViewer
ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

サービス項目 価格 納期
mRNA受託解析サービス(マイクロアレイ:GeneChip) お問い合わせ 約4週間

* アレイの種類によっては時間を要するものがあります。

ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。