研究機器オンライン

ID: M03185
倉敷紡績富士フイルム和光純薬

核酸自動分離システム QuickGene-Auto12S / QuickGene-Auto24S

複数サンプル同時処理で運転時間を短縮

 

QuickGene-Auto12S / QuickGene-Auto24S

  • 卓上サイズの核酸自動分離装置
    高品質な核酸を短時間で分離する小型の核酸分離装置です。検体数に応じたラインナップをそろえています。12(Auto12S)、または24(Auto24S)検体同時処理可能で、200μLの液体サンプルからのDNA回収を全自動で行います。その他、動物組織等のサンプルにつきましてもライセート調整後から自動運転が可能です。

  • プレバックタイプの試薬キット
    運転に必要な試薬を1サンプルずつ分注してご提供することで、必要試薬量の計算や試薬ボトルからのとりわけ作業など、試薬セットにかかる手間を削減しました。また、装置にセットするまで密閉状態を維持できるためコンタミネーションリスクの低減が図れます。
    QuickGene-Auto12S / 24Sの専用キットには、ヒト・マウス・植物・菌などさまざまな試料からのDNA / RNA分離に対応しています。

    関連製品リンク:専用試薬キット

  • 高純度・高収量のDNA回収
    核酸吸着媒体には独自の多孔質メンブレンを使用しています。
    高い核酸吸着性と容易な脱着性を有し、従来のグラス繊維に比べて極めて薄い100μm以下の厚みを実現。低圧力にて素早くサンプル溶媒を透過できるため、ダメージを減らしながら、高純度・高収量のDNA / RNA回収を可能にしました。

  • 長鎖DNAを分離可能
    QuickGeneシリーズ特有の低圧力での溶出により、ダメージレスなDNA精製を可能に。一般的なスピンカラム方式や磁気ビーズ法だと40~50kbp程ですが、本製品では最大約100kbpの長鎖DNAを分離することができます。

仕様
シリーズ QuickGene-Auto12S QuickGene-Auto24S
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
480×620×570830×620×570
重さ 55kg80kg
電源 AC100~230V
サンプル数(本) 1~121~24
プロトコル 血液DNA、組織DNA、プラスミドDNA、血液細胞RNA、組織RNA、細胞RNA
処理時間(例) 全血(約23分)、マウス肝臓(約30分)* 等
DNA回収容器 1.5mLマイクロチューブ、2mLマイクロチューブ
操作画面 タッチパネル
UVランプ
希望小売価格 1,900,000円 3,400,000円
* 前処理後サンプルのセットから
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る