研究機器オンライン

ID: M03107
メトラー・トレドメトラー・トレド

超高速DSC測定装置 Flash DSC 2+

Flash DSC 2+では、これまで不可能だった再組織化プロセスの分析を行うことができ、理想的な形で従来のDSCを補完します

 

    Flash DSC 2+ の特長とメリット
  • 超高速冷却測定 – サンプルの構造制御が可能になります。
  • 超高速昇温測定 – 測定時間を短縮し、サンプルの再組織化を回避します。
  • 高感度測定 – 低速昇温により、従来のDSC測定結果と比較ができます。
  • 幅広い測定温度範囲 – -95から1,000℃まで測定可能
  • 高機能性と使いやすい人間工学的なデザイン – サンプルの準備がすばやく簡単に行えます。
  • 無酸素雰囲気での測定 – サンプルを酸化から防ぐことが可能
  • 高速応答センサ – 高速反応や結晶化プロセスの速度論分析が可能


    Flash DSC 2+の応用例
  • 物質の構造形成プロセスの詳細な分析
  • 高速結晶化過程の実測定
  • 高速反応の速度論解析
  • 製造工程と類似の条件下での添加剤の影響の調査
  • 短時間での材料特性の理解
  • 微量のサンプルでの分析
  • シミュレーション結果の確認

仕様
シリーズ Flash DSC 2+
型番 30424745
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
450×600×500
サンプリング間隔 最大10,000データpts/秒
温度範囲 -95~1,000°C
冷却速度(分) 6~2,400,000K
昇温速度(分) 6~3,000,000K
希望小売価格 お問い合わせ
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る