研究機器オンライン

ID: M00199
大塚電子大塚電子

高速ニアフィールド配光測定システム Rayhunter

新たな配光シミュレーションの世界、ニアーフィールド配光測定法でTry!

 

Rayhunter

  • 至近距離から遠方距離まで、任意の断面での配光分布評価を可能にしたニアフィールド法を採用した配光測定装置です。
  • 輝度二次元センサーを検出器に採用。測定域を紫外・可視・近赤外域測定に対応可能です。
  • ノン・ストップモーションで駆動するゴニオ機構採用で、全方位測定を約10分で測定可能です。
  • 任意光線データ、IESフォーマットによる光学シミュレーションソフトとの連携が可能です。
  • 可視タイプの測定項目は、輝度光線データ、配光、照度、光度、全光束、色度。紫外・近赤外では、相対強度によるデータで光線データおよび配光が得られます。
  • 対象サンプルにより3機種の品揃え。

仕様
シリーズ Rayhunter Rayhunter Rayhunter
型番 RH300 RH600 RH1000
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
1,200×1,200×2,0001,400×1,400×2,1002,300×1,500×1,600
対応サンプル例 ランプ、一般照明器具自動車ヘッドランプユニット大型照明器具
サンプル設置サイズ 直径400mm以下直径800mm以下直径1,000mm以下
測定エリア 300×300mm600×600mm1,000×1,000mm
測定角度範囲と間隔 X:±90°、Y:±90°
0.1°間隔
φ:±90°、Y:±90°
0.1°間隔
測定時間 約10分
X:±90°、1°Step
Y:±90°、1°Step
約25分
φ:±90°、1°Step
θ:±90°、1°Step
検出器 輝度二次元センサー(紫外~近赤外タイプ)
測定項目 可視タイプの場合(輝度光線データ、配光、照度、光度・全光束、色度)
紫外・近赤外タイプ(相対強度によるデータで光線データ、配光)
希望小売価格 お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る