研究機器オンライン

ID: M01473
パーキンエルマーパーキンエルマージャパン

自動核酸抽出装置 chemagicシリーズ chemagic Prepito®-D

小型のベンチトップ型抽出装置
試薬ボトルを本体にセットしたままにできるので、抽出を開始するのが非常に容易

 

chemagic Prepito®-D

    chemagenの実績ある磁性ビーズ分離技術の基づいた、小型のベンチトップ型装置で最高品質のサンプル調製システムです。

    ハイスループット型装置chemagic MSMIで取得した自動核酸抽出における長年の経験を活かし開発されました。PrepitoTM キットと組み合わせることにより、高収量で高純度なDNA/RNAが得られ、続いて行われるアプリケーションの成功を確実にします。

    この革新的な装置は、高価な充てん済みカートリッジの代わりに標準的なプラスチックのデバイスに緩衝液を自動的に分注することにより、コスト効果を達成しました。chemagic Prepito-Dには、高い品質保証をサポートするバーコードリーダーとデータ転送用USBポートが搭載されています。実際の手作業時間も最小限であり、装置により抽出処理時間も1ラン1~12サンプルでわずか40分です(250μLの血液の場合)。

    機能概要
  • 1ランあたり1~12サンプル処理
  • 小型のベンチトップ型
  • バッファー分注機能装備
  • 画期的な再懸濁技術
  • 標準プラスチック消耗品付属(Prepitoキットに含む)
  • 多種類のPrepitoキットおよびプレインストールされたプロトコル
  • 定量的収量、高純度
  • サンプル量最大1mL
  • バーコードリーダー付属
  • LIMS対応ログファイル
  • USBポート付





仕様
シリーズ chemagic Prepito®-D
型番 2022-0020
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
620×550×520
重さ 45kg
電源 110V 50/60Hz
最大消費電力 100VA
サンプル数 1~12
サンプル量 100μL~1mL
バーコードリーダー 標準付属
分注機能 標準搭載
希望小売価格 3,850,000円
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る