研究機器オンライン

ID: M01105
メトラー・トレドメトラー・トレド

動的粘弾性測定装置 DMA/SDTA 1+

精密測定の技術と柔軟な拡張性

 

DMA/SDTA 1+

    動的粘弾性測定装置(DMA)は、周期的な応力を与えたときのサンプルの機械的・粘弾性特性を温度、時間または周波数の関数として測定します。対象となるサンプルは、プラスチック、エラストマー、セラミック、金属および複合材です。
    DMAは材料プロセスエンジニア、研究開発の方々に、以下の特性について定量的・定性的な情報を与えてくれます。
  • ヤング率、弾性率
  • 減衰特性、粘弾性特性
  • ポリマーの分子構造/形態
  • 流動性、緩和特性
  • 変位と荷重を実測
    正確な弾性率測定が可能
  • 幅広い設定荷重:1mN~40N
    軟らかいものから硬いものまで測定可能
  • 幅広い周波数領域に対応:0.001~1,000Hz
    実用領域から高周波数領域まで測定可能
  • 革新的なサンプルホルダー
    サンプルの取り付け作業は装置外部で行うことが可能
  • サンプル温度を測定
    SDTA測定により熱的事象だけでなく正確な温度校正も可能
  • 幅広い弾性率範囲
    単一のサンプルホルダーで幅広い温度領域が測定可能
    モジュラー構造により、ニーズに合わせて後でのアップグレードも可能

仕様
シリーズ DMA/SDTA 1+
型番 30276400
測定温度範囲 -150~500℃
測定モード 3点曲げ、片梁、両梁曲げ測定、引っ張り、圧縮、せん断(ずり)
最大荷重 1mN~40N
周波数範囲 0.001~1,000Hz
希望小売価格 お問い合わせ
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る