研究機器オンライン

ID: M02714
日本光電日本光電工業

高DNA量測定装置/FCM-2200 CelltacPEAK

青色レーザー光と専用の染色キット(PI)を利用して、蛍光強度から細胞内のDNA量をploidy解析します。

 

CelltacPEAK

  • DNA量の測定をより簡便に特化した装置です。
  • 測定は専用試薬に2mm角程度の組織を入れて、画面の「スタート」をタッチするだけで、前処理(ピペッティング)、試薬注入、測定、排液処理を自動的に行い、約10分で結果を表示します。細胞懸濁液での測定も可能です。
  • 操作ガイド画面により、操作の手順をナビゲート。誰でも簡単に測定可能です。
  • 測定結果はカラーディスプレイに見やすく表示します。
    (MalignancyIndex/DNA増加細胞の比率、総カウント数、スキャッタグラム、タイムトレンド、DNAヒストグラムを一画面に表示します。)
  • ゲート処理、感度調整も不要です。
  • 電源スイッチオンで自動給水、スイッチオフで自動洗浄動作の後に自動的に電源が切れます。
  • 試薬量と排液量の減り具合を画面に表示します。


  • Malignancy Index(高DNA量細胞比率)を算出
    Malignancy Index




製造販売届出番号 13B1X00206000353
クラス分類 一般医療機器、特定保守管理医療機器
添付文書 H905340A.pdf

仕様
シリーズ CelltacPEAK
型番 FCM-2200
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
383×566×583
重さ 37kg
電源 AC100V  300VA以下
測定項目 Total Count、Peak Pos.、Peak CV、MI(Mailgnancy Index)、MI Level
測定対象検体 固形組織*、有核細胞浮遊液
測定時間 約10分(前処理モード)
検出方式 フローサイトメトリー(核酸染色)
希望小売価格 8,800,000円
* 組織種によっては測定できないものがあります。
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る