受託オンライン
Commissioned Research Online

受託オンライン
株式会社薬研社

ID: J00866
ID: J00866
フナコシ / 自然免疫応用技研

カルプロテクチン測定受託サービス

糞便中のカルプロテクチンをELISA法で測定


カテゴリ
タンパク質工学 > プロテオミクス(タンパク質解析) > ELISA・EIA・カスタムアレイ・マルチプレックス作製&測定
アッセイ系構築・試薬調整 > 各種アッセイ系構築 > イムノアッセイ・ELISA・EIA各種測定系
質量分析・試料分析 > 生体試料分析 > 生体試料分析・細胞認証試験(STR分析)

サービスについて

特長

  • 糞便中のカルプロテクチンをELISA法で測定します。
  • CD(クローン病)やUC(潰瘍性大腸炎)に対する特異性や感受性が高いため、再発リスクマーカーとして有用です。またIBD(炎症性腸疾患)のスクリーニング方法として、非侵襲的で有用な方法であるとされています。

カルプロテクチンとは

カルプロテクチンとは、主に好中球(一部、単球や活性化マクロファージ)の細胞質の6割に達するほど多く含まれている、カルシウム結合タンパク質で、便中においても安定です(室温で1週間)。

好中球の管腔への移行に比例して、糞便中のカルプロテクチン濃度が上昇することが知られています。IBD(炎症性腸疾患)ではCRPよりも高感度であり、大腸癌ではFOBT(便潜血反応検査)よりも高感度のマーカーとして注目されています。また、便中カルプロテクチンが50μg/gを超えると、再発リスクが13倍上昇することが報告されています。(fig.1

参考文献
Gisbert, J. P., et al., Digestive and Liver Disease, 41, 56~66 (2009).
Xiang, J. Y., et al., World Journal of Gastrogenterology, 14 (1), 53~57 (2008).
van Rheenen, P. F., et al., BMJ, 341, c3369 (2010).

測定試料について

糞便を、スプーンひとさじ程度の量だけ検便容器に入れ、冷凍で送付頂きます。
[測定例](fig.2

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


参考価格・納期

サービス項目 価格(税抜) 納期
カルプロテクチン測定受託サービス お問い合わせ お問い合わせ

関連サイト



※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。