受託オンライン

ID: E00826
サーモフィッシャーサイエンティフィック / サーモフィッシャーサイエンティフィック

Gatewayクローニングサービス

目的に合わせた多種類の発現クローンを作製


カテゴリ
遺伝子工学 > クローニング・核酸抽出・精製・ライブラリー作製 > プラスミド構築(クローニング)・精製・製造

サービスについて

概要

基本となるエントリークローンから、Gatewayクローニングシステムを用いて目的遺伝子を方向性とリーディングフレームを維持したまま目的に合わせた多種類の発現クローンを作製します。

サービス内容

  • エントリークローン作製
    attB配列を付加した目的遺伝子のPCR産物を、Gateway BP反応によりエントリーベクター(pDONR221またはpDONR/Zeo)にクローニングし、エントリークローンを作製します。
  • 発現クローン作製
    エントリーベクターにクローニングされている目的遺伝子を、Gateway LR反応によりご指定いただいたデスティネーションベクターにクローニングし、発現クローンを作製します。

Gateway Technology

Gatewayクローニングシステム:部位特異的組換え反応をin vitroで行うことを可能にすることで、組換え配列(att配列)を組み込んだベクター間での挿入遺伝子断片の移し変えを簡便、迅速(組換え酵素:クロネースによる25℃、1時間の反応)に行えるようにしたシステム。基本となるエントリークローンから、目的に合わせた多種類の発現クローンを作製できる。(fig.1)(fig.2

基本作業・期間

目的遺伝子
の増幅
プライマー設計及び合成 attB配列及びご指定いただいた配列を付加したプライマーを合成し、PCRを実施します。 1週間
PCR
クローニング 増幅産物の精製 PCR産物の精製後、ご指定いただいたエントリーベクターへGateway BP反応によりクローニングします。 2週間
BP反応
大腸菌形質転換 PCRまたは制限酵素処理により、得られたクローンのインサートの長さを確認します。
インサートチェック
組換え部位の配列確認 ベクター側からインサートの方向へ1反応ずつ(両末端)の配列解析を行い、クローニングの成否を確認します。
配列解析 インサート全長配列解析 目的の遺伝子配列と完全に一致しているかを確認します。 2週間

オプショナルサービス
発現ベクターへのクローニング インサート全DNA配列が確認されたエントリークローンとご指定いただいたデスティネーションベクターで、Gateway LR反応を行います。 2週間
PCRまたは制限酵素処理により、得られたクローンのインサートの長さを確認します。
ベクター側からインサートの方向へ1反応ずつ(両末端)の配列解析を行い、クローニングの成否を確認します。
  • 目的に合うデスティネーションベクターが存在しない場合、お手持ちのベクターをGateway対応ベクターに改変し(別料金)、お使いいただくことが可能です。(Gatewayベクターコンバージョンサービス参照)
  • 長鎖(5kb以上)のクローニングをご希望の場合は、サーモフィッシャーサイエンティフィック独自の技術によりお受けいたしますのでお問い合わせ下さい。
ページ先頭へ戻る

ご提供いただくもの

  • PCR増幅用テンプレート(polyA(+)RNA、total RNA、cDNA、cDNAライブラリー、プラスミドDNA、ゲノム DNA)polyA(+)RNA、total RNAは逆転写反応し(別料金)、得られたcDNAをテンプレートとして用います。
  • 目的遺伝子の配列情報、またはデータベースAccession No.
ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

サービス項目 価格 納期
Gatewayクローニングサービス お問い合わせ お問い合わせ
ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。