受託オンライン

ID: E00076
フナコシ / トランスジェニック

コンディショナルノックアウトマウス作製受託サービス

生存に必須な遺伝子の機能を解析するのに非常に有用なコンディショナルノックアウト(条件付き遺伝子破壊)のマウスを作製します。


カテゴリ
動物実験 > 遺伝子改変動物作製 > 遺伝子改変動物作製(ノックアウト・ノックイン・トランスジェニック・スピードコンジェニック・病態可視化・ジーンターゲティング動物作製)
動物実験 > 遺伝子改変動物作製 > ゲノム編集によるモデル動物作製

サービスについて

概要

コンディショナルノックアウトとは、floxマウスとCre発現マウスをかけ合わせることでできる、条件付き遺伝子破壊とも呼ばれる方法です。標的となる遺伝子領域をCreリコンビナーゼ標的配列loxPで挟みます。このような遺伝子座を持つマウスをfloxマウスまたはfloxed マウスと呼びます。floxマウスをCre発現マウスとかけ合せる事で、特定の臓器を形成する細胞のみで標的遺伝子の欠失が起こります。また発生のある段階でリコンビナーゼを発現させて標的遺伝子を欠失させる事も可能です。これらは生存に必須な遺伝子の機能を解析するのに非常に有用な方法です。

特長(fig.1

  • 致死性の遺伝子の解析が可能になります。
  • 臓器特異的に遺伝子を破壊できます。
  • 発生段階特異的に遺伝子破壊が可能です。

作業詳細

  1. 遺伝子改変ベクターの設計
    まずお客様がご希望される遺伝子をデータベースで調べます。予想されるタンパク質の機能を完全に破壊するために、最適のエキソンを選びます。またお客様でエキソンにご指定がある場合や複数のエキソンの欠失にも対応可能です。周辺領域のクローニングもトランスジェニック社から提案します。(fig.2
  2. 遺伝子改変用ベクターの構築
    より具体的な案を提示して、ベクター構築に取り掛かります。通常、標的遺伝子の周辺領域はPCRにて増幅しクローニングします。
  3. 遺伝子導入から組換えES細胞を樹立
    構築した遺伝子改変用ベクターをエレクトロポレーションを用いてES細胞に導入します。形質転換したES細胞のゲノムに、計画通りにベクターが挿入されたかを確認します。形質転換したES細胞より352クローンについて確認のための解析を行います。(fig.3
  4. 樹立した組換えES 細胞からマウス作製
    樹立した組換えES細胞よりマウスを作製します。計画通り遺伝子改変用ベクターが挿入されたES細胞(最大3クローン)からキメラマウスを作製します。形質転換したES細胞が生殖系列へ移行しているかを確認後、ヘテロマウス作製へと進みます。
  5. 納品
    お客様のご都合に合わせて、トランスジェニック社からマウスを納品します。通常はヘテロマウス2ペアを納品しますが、キメラマウス・ホモ遺伝子改変マウスの納品でも対応可能です。納品前に遺伝子型検出のための解析条件を決定します。
ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

No. 工程 作業内容 標準期間 価格
1 相同組換えベクターの構築 ベクターデザイン 1. 標的遺伝子に関する情報をデータベースより取得
2. デザイン案を作成
2~3ヶ月 ¥1,100,000
ベクター構築 1. High fidelity酵素を用いたPCRで、ES細胞ゲノム断片を増幅
2. PCR産物と薬剤耐性遺伝子との組み合わせによりベクターを構築
2 組換えES細胞株の樹立 ES細胞へのベクター導入と薬剤選択、一次スクリーニング 1. エレクトロポーレーションにより、ベクターDNAをES細胞に導入
2. 薬剤選択により、薬剤耐性ES細胞を取得(標準176クローン)
3. PCRによる導入遺伝子解析,陽性のES細胞株の保存
3~4ヶ月 ¥1,800,000
二次スクリーニングなどによる組換えES細胞株の確定 PCR、サザンブロットによる標的遺伝子構造の解析(最大25クローン)
3 キメラマウスの作製 8細胞期胚とES細胞のアグリゲーションによるキメラマウス作製 最大3株のES細胞クローンをもちいたキメラマウス作製
(全てのキメラマウスがES細胞寄与率80%を下回る場合、再作業)
約3ヶ月 ¥700,000
4 ヘテロマウスの取得 生殖系列キメラマウスの同定 ES細胞寄与率上位3匹のオス・キメラマウスを、メス野生型マウスと交配 約3ヶ月 ¥700,000
ヘテロマウスの取得 ヘテロマウスを同定(微生物検査費用、マウス輸送費用は別途)
5 合計 * 納品にかかる微生物検査費、輸送費は別途必要です。 ¥4,300,000
6 薬剤耐性遺伝子の除去 薬剤耐性遺伝子の除去 Op. F1ヘテロマウスとCAG-Flpマウス(あるいは、CAG-Creマウス)との交配により、薬剤耐性遺伝子を除去。さらに、野生型マウスと交配させ、Flpトランスジーン(あるいは、Creトランスジーン)を除去 約6ヶ月 ¥650,000
ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。