受託オンライン
Commissioned Research Online

受託オンライン
株式会社薬研社

ID: J00615
ID: J00615
フィルジェン / RayBiotech

RayBio® Label-Based Antibody Array 受託解析サービス

細胞培養上清や血清中のヒトタンパク質や、ヒト肥満関連・アディポカイン関連タンパク質、マウスタンパク質、ラットタンパク質の相対的な量を一度に解析


カテゴリ
タンパク質工学 > プロテオミクス(タンパク質解析) > 抗体マイクロアレイ作製・解析サービス
遺伝子発現解析 > マイクロアレイ解析 > 抗体アレイ解析・プロテインアレイ解析
アッセイ系構築・試薬調整 > 各種アッセイ系構築 > イムノアッセイ・ELISA・EIA各種測定系

サービスについて

概要

RayBiotech社製 RayBio® Label-Based Antibody Arrayにより、ヒト由来細胞培養上清や血清中の2,000種類、1,000種類、507種類、またば500種類、493種類のサイトカイン関連タンパク質、182種類のヒト肥満関連・アディポカイン関連タンパク質、そしてマウス由来細胞培養上清や血清中の500種類、または308種類のサイトカイン関連タンパク質、さらに1,500種類のラットタンパク質、500種類のラビットタンパク質について、サンプル間における相対的な発現変動を解析します。

概略(fig.1

RayBio® Label-Based Antibody Arrayは、サンプル中の抗原を直接ビオチン標識し、アレイ上の捕捉抗体とインキュベートします。検出シグナルは、HRP標識ストレプトアビジンまたは蛍光標識ストレプトアビジンを用いることで得られます。二次抗体を使用しないことで、一度の解析でより多くの抗原の検出を可能としています。

ビオチンラベルアレイの検出例(fig.2)(fig.3

スキャンデータ例


必要サンプル量

サンプル ご送付量 適応生物種 サンプル調整方法
細胞培養上清 Human L-2000:>800~1,200μL
Human L-1000:>400~600μL
Mouse L-1308:>600~900μL
その他:>200~300μL
Human L-1000
Human L-507
Human L-182
Mouse L-308
Rat L-90
100mm Dishで、1×10e6個の細胞を完全培地で24~48時間培養後、0.2%FCS低血清培地で48時間再度培養を行う(細胞培養濃度や培養時間は、細胞株や研究目的により、変わります)。
細胞培養液を回収後、1,000gの遠心により、固形物を除去し、分注してすぐに-80℃以下に保存してください。凍結融解の繰り返しは避けてください。
血清 Human L-2000:>400~800μL
Human L-1000:>200~400μL
Mouse L-1308:>200~300μL
その他:>100~200μL
Human L-1000
Human L-507
Human L-182
Mouse L-308
Rat L-90
血清分離用チューブで回収するか、血液を30分おいて凝固させ、1,000×gで15分遠心後、分注してすぐに-20℃以下に保存。凍結融解の繰り返しは避けてください。
血漿 Human L-2000>400~800μL
Human L-1000:>200~400μL
その他:>100~200μL
Human L-1000
Human L-507
Human L-182
Mouse L-308
Rat L-90
EDTA、ヘパリン、クエン酸Naなどの抗血液凝固剤で処理した血液を遠心後、上清を分取して-20℃以下で保存してください。

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


参考価格・納期

サービス名 税別価格 Cat.#
RayBio® Label-Based
Human Antibody Array L-2000受託解析サービス
(Human L-507+Human L-493+Array3+Array4))
¥785,000/サンプル (4サンプル単位で受付) F-AAH-BLG-2000
RayBio® Label-Based
Human Antibody Array L-1000受託解析サービス
(Human L-507+Human L-493)
¥419,000/サンプル (4サンプル単位で受付) F-AAH-BLG-1000
RayBio® Label-Based
Human Antibody Array L-507受託解析サービス
¥228,000/サンプル (4サンプル単位で受付) F-AAH-BLG-1
RayBio® Label-Based
Human Antibody Array L-493受託解析サービス
2サンプル お問合せ
4サンプル単位 ¥228,000/サンプル
F-AAH-BLG-2
RayBio® Label-Based
Human Antibody Array 3受託解析サービス
¥232,000/サンプル (4サンプル単位で受付) F-AAH-BLG-3
RayBio® Label-Based
Human Antibody Array 4受託解析サービス
¥232,000/サンプル (4サンプル単位で受付) F-AAH-BLG-4
RayBio® Label-Based
Human Obesity Antibody Array L-182受託解析サービス
¥232,000/サンプル (4サンプル単位で受付) F-AAH-BLG-ADI
RayBio® Label-Based
Mouse Antibody Array L-308受託解析サービス
2サンプル お問合せ
4サンプル単位 ¥182,000/サンプル
F-AAM-BLG-1
RayBio® Label-Based
Mouse Antibody Array 2受託解析サービス
¥199,000/サンプル (4サンプル単位で受付) F-AAM-BLG-2
RayBio® Label-Based
Mouse Antibody Array 2受託解析サービス
¥232,000/サンプル (4サンプル単位で受付) F-AAM-BLG-3
RayBio® Label-Based
Mouse Antibody Array 3受託解析サービス
¥523,000/サンプル (4サンプル単位で受付) F-AAM-BLG-1308
RayBio® Label-Based
Rat Antibody Array 2受託解析サービス
¥232,000/サンプル (4サンプル単位で受付) F-AAR-BLG-2
RayBio® Label-Based
Rat Antibody Array 3受託解析サービス
¥232,000/サンプル (4サンプル単位で受付) F-AAR-BLG-3
RayBio® Label-Based
Rat Antibody Array 4受託解析サービス
¥294,000/サンプル (4サンプル単位で受付) F-AAR-BLG-4
RayBio® Label-Based
Rat Antibody Array L-1500受託解析サービス
¥756,000/サンプル (4サンプル単位で受付) F-AAR-BLG-1500
RayBio® Label-Based
Rabbit Antibody Array L-1受託解析サービス
¥294,000/サンプル (4サンプル単位で受付) F-AAL-BLG-1

*受託解析サービスの価格には、スキャンニング・画像数値化・比較データ作成作業、アレイ・試薬の価格が含まれております。
* 弊社で提供している受託解析サービスで使用しているのは、「Glass Sildeアレイ」のみです。
 メンブレンアレイには対応しておりませんので、ご留意ください。
*4サンプル単位での販売です。

スキャニング・画像数値化・比較データ作成のみ(実験済みアレイをご送付いただく場合)
サービス名 スライドグラス枚数 価格(税抜) 納期 Cat.#
スキャンニング+画像数値化サービス(4サブアレイ) 2枚 ¥200,000 お問い合わせ Cat.#F-SCN-2
スキャンニング+画像数値化サービス(4サブアレイ) 1枚 ¥100,000 Cat.#F-SCN
スキャンニング+画像数値化サービス(2サブアレイ 2枚 ¥100,000 Cat.#F-SCN-2
スキャンニング+画像数値化サービス(2サブアレイ) 1枚 ¥50,000 Cat.#F-SCN
比較データ作成サービス 1比較 ¥15,000 Cat.#F-DR

*スキャンニング作業は、抗体アレイをフナコシ株式会社より購入され、スキャンニング作業だけをご希望の方のためのサービスです。
*サブアレイの使用数によって価格が決まります。


関連サイト



※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。