受託オンライン

ID: E00446
トランスジェニック / トランスジェニック

CRISPR/Cas9による遺伝子改変マウス作製

標的遺伝子に対するguide RNA設計からCas9発現ベクターの構築、受精卵へのインジェクションを行います。


カテゴリ
動物実験 > 遺伝子改変動物作製 > ゲノム編集によるモデル動物作製
遺伝子工学 > 遺伝子実験 > ゲノム編集(CRISPR-Cas9・TALEN・ZFN)
動物実験 > 遺伝子改変動物作製 > 遺伝子改変動物作製(ノックアウト・ノックイン・トランスジェニック・スピードコンジェニック・病態可視化・ジーンターゲティング動物作製)

サービスについて

概要

トランスジェニック社では、ゲノム編集技術(CRISPR/Cas9)による遺伝子改変マウスの作製受託サービスを提供しております。
標的遺伝子に対するguide RNAとCas9タンパク質の複合体(RNP complex)が認識する guide sequuenceの候補配列を決定し、決定したデザインとguide sequenceに基づき、crRNAを合成します。合成したcrRNAと、準備したtracrRNA、Cas9タンパク質、PCR増幅したTarget領域を用いて、in vitroでの活性評価確認を行い、受精卵へのインジェクションを行います。CRISPR/Cas9での変異導入効率は高頻度であり、テンプレートDNAとなるdonor DNAや相同組換えベクターを一緒にインジェクションすることにより、相同組換えによる任意の配列の挿入が可能です。

特長

  • Broad研究所(CRISPR/Cas9に関する特許群)および国立大学法人東京医科歯科大学(高効率CRISPR/Cas9ノックイン法)よりライセンス許諾を受けてサービスを実施しております。
  • 標的デザインからマウス作製まで、トータルサービスを提供いたします。一部工程のみの受託も承ります。
  • ES細胞を用いた相同組換え法との組み合わせも実施いたします。
  • 研究の目的に応じたストラテジーを相談させていただきます。標的遺伝子によっては、本手法での実施が適さない場合は、別のマウス作製方法を提案させていただきます。

原理

ゲノム編集(CRISPR/Cas9)の原理fig.1
ゲノム編集の基本原理は、任意の標的ゲノム部位にDNA二本鎖切断(double-strand break: DSB)を誘導し、その後切断されたDNA末端が細胞の持つDNA修復機構により修復される際に、塩基の欠損や挿入が起こるものである。
非相同末端結合(non-homologous end-joining: NHEJ)による修復は、塩基欠損や挿入が高頻度で起こる。そのため、DNA二本鎖切断がタンパク質コード領域に起これば、フレームシフトによるストップコドン生成が期待される。
一方、相同末端結合による修復は、テンプレートDNAに基づき、正確に修復する相同組換え(homology-directed repair: HDR)である。そのため、テンプレートDNAとなる donor DNA(二本鎖DNA, ssODNs等)を外部から供給することで、任意の塩基置換や外来遺伝子を切断部位近傍に正確にノックインすることが可能である。

RNP(Ribonucleoprotein) インジェクション
Cas9タンパクと、crRNA、tracrRNAを準備し、RNP(Ribonucleoprotein)複合体を作製した後、インジェクションを行う。RNAとタンパク質を細胞にインジェクションすることにより、細胞導入直後からDNA切断活性による標的部位の切断が期待される。またRNPは分解されやすいため、off-targetの切断可能性が軽減されることが期待される。

実施例(fig.2

  1. 終止コドン挿入によるノックアウト
  2. 点変異導入によるノックイン
  3. 2ヶ所切断による欠失
など、各種目的に応じたストラテジー相談から承ります。
ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

標準工程(例:Point Mutation導入の場合)
工程 作業内容 納期 価格
1. guide RNA設計とCas9発現ベクター作製 標的遺伝子に対してgRNAを設計し、in vitroでの切断活性評価を行います。 約1~2ヶ月 ¥550,000
2. 受精卵インジェクション(C57BL/6N) 受精卵(C57BL/6系統)200個を用いて、インジェクションを実施いたします。 約3ヶ月 ¥700,000
3. ファウンダーマウスの導入変異解析 ダイレクトシークエンスによる導入変異の解析をいたします。(産子のうち、♂を優先して30匹を上限とします) 約1ヶ月 ¥400,000
合計   約5~6ヶ月 ¥1,650,000

* 解析の結果、ファウンダーマウスが得られなかった場合、3.の費用はご請求いたしません。
* マウス系統、インジェクション数により価格は異なります。
* マウスの輸送費・微生物検査費は、別途申し受けます。

オプション工程

工程 作業内容 納期 価格
自然交配による
次世代マウスの作製
ファウンダー(F0)マウスと野生型マウスとの自然交配により、次世代マウスを作製します。産子について、ダイレクトシーケンスによる導入変異の解析をいたします。 約3ヶ月 お問い合わせ
ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。