受託オンライン
Commissioned Research Online

受託オンライン
株式会社薬研社

ID: J00276
ID: J00276
ジェンスクリプトジャパン / ジェンスクリプトジャパン

BacuVanceバキュロウイルス発現系によるタンパク質産生

高品質のタンパク質産生に有用な発現系


カテゴリ
タンパク質工学 > タンパク質発現 > タンパク質・リコンビナントタンパク・組換えタンパクの産生・精製
タンパク質工学 > タンパク質発現 > 昆虫細胞・カイコ発現系

サービスについて

概要

ジェンスクリプトジャパンでは、バキュロウイルスを感染させた昆虫細胞を用い、リコンビナントタンパク質を産生させるBacuVanceバキュロウイルス発現系によるタンパク質産生サービスを提供しています。ジェンスクリプトは、米国における最大規模のgene synthesisサービス提供事業者であり、ご希望のタンパク質の発現を増強させるために、Sf9、Sf21、Hi-5、およびS2の昆虫細胞株に特異的なコドン最適化をcodon optimization技術により無償で行っています。

バキュロウイルス発現系には発現タンパク質の溶解性、翻訳後修飾の導入、分泌型タンパク質の産生量増加など、E. coli発現系にはない複数の利点があります。哺乳動物細胞発現系の低価版代替法として真核生物による発現系を検討しつつも、産生されるリコンビナントタンパク質の品質を犠牲にはできない場合、BacuVanceバキュロウイルス発現系を使用することを強くお奨めします。BacuVanceにより、お客様のプロジェクトに最適な発現系作製プロトコールを構築することができ、ターゲットタンパク質の発現が最大化されることで生産のスケールアップが可能になります。

サービス内容

ステップ 仕様 作業期間(*1) 出荷物
遺伝子合成 and/or サブクローニング
  • ジェンスクリプトジャパン独自プラットフォームによる遺伝子合成とコドン最適化(オプション)
  • 1種類以上のベクターにサブクローニング
2週間 コンストラクトに関する報告書
ウイルス発現系作製
  • リコンビナントBacmid DNA作製
  • 昆虫細胞にリコンビナントBacmid DNAをトランスフェクション
  • P1ストック(低力価)およびP2ストック(高力価)産生、およびqPCRによりウイルス力価の測定
  • 抗Hisまたは抗GST抗体によりタンパク質発現を検証
2週間
パイロット発現&タンパク質を精製評価
  • 昆虫細胞をP2ストックにより感染
  • ワンステップでのアフィニティー精製
  • SDS-PAGEおよびウェスタンブロッティングによる検証
1.5週間 発現データ
1Lでのタンパク質発現と精製
  • 昆虫細胞1L培養によりタンパク質産生
  • ワンステップでのアフィニティー精製(*2)
  • QC(*2)
1~2週間 精製タンパク質
QCデータ

*1 作業期間はプロジェクトの内容に応じて変更となる可能性があります。
*2 QC:タンパク質純度はSDS-PAGEにより測定。タンパク質濃度はBCAまたはBradford試験により測定。
タンパク質の同定は抗Hisまたは抗GST抗体を用いウェスタンブロッティングにより識別 / 必要に応じてLC-MSによるペプチドマッピングを実施。

* 本サービスの納品物は、製造に使用したバキュロウイルス/昆虫細胞タンパク発現系由来の組み換え型バキュロウイルスの混入を完全には否定できないため、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(通称:カルタヘナ法)」使用規制対象となります。

ご使用の際は「研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置等を定める省令」(平成16年文部科学省・環境省令第1号)に従って機関内安全委員会の判断のもと、規制に則し、適切にお取り扱いください。


ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


参考価格・納期

サービス項目 価格(税抜) 納期
BacuVanceバキュロウイルス発現系によるタンパク質産生 お問い合わせ お問い合わせ

関連サイト



※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。