受託オンライン
Commissioned Research Online

受託オンライン
株式会社薬研社

ID: J00153
ID: J00153
タカラバイオ / タカラバイオ

アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクター作製

P1レベルで高効率に遺伝子導入できるウイルスベクター


カテゴリ
遺伝子工学 > 組換ベクター・ウイルス作製 > 各種組換えウイルスベクター作製
遺伝子工学 > 組換ベクター・ウイルス作製 > アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクター作製・アデノウイルスベクター作製

サービスについて

特長

  • 血清型1、2、5、6から目的にあったAAVベクターを選択可能
  • タカラバイオ独自のAAVベクター抽出法により高純度ウイルスベクター液を作製
  • 1012 vg(vector genomes)以上の高力価ウイルスをご提供

概要

アデノ随伴ウイルスベクター作製キットAAVpro Helper Free System(製品コード 6230:AAV2 など) を用いて、目的遺伝子を搭載した血清型1、2、5、6のアデノ随伴ウイルスベクターを、ヘルパーウイルスを使用せずに安全に作製いたします。
AAV2ベクターの作製には力価向上効果のあるmiRNAの発現カセットを含むpRC2-mi342プラスミドDNAを使用しています。また、タカラバイオ独自のウイルスベクター抽出法により、高力価、高純度のアデノ随伴ウイルスベクターを作製いたします。

CRE Recombinase発現AAVベクター、LacZ発現AAVベクターについても専用のアデノ随伴ウイルスベクター作製キットAAVpro Helper Free System(AAV2-CRE Recombinase)(製品コード 6652)AAVpro Helper Free System(AAV2-LacZ)(製品コード 6655)などを用いて作製いたします。

アデノ随伴ウイルスベクターを用いた遺伝子導入法は、以下の利点を持ち、多くの遺伝子導入実験に利用されています。(fig.1

  1. 拡散防止措置P1の施設でも取扱いが可能
  2. 増殖 / 非増殖のいずれの細胞にも遺伝子導入が可能
  3. 免疫原性が低く、動物個体への遺伝子導入に最適
  4. 非分裂細胞にて長期間の発現が可能

サービス内容

ステップ毎にご注文いただけます。

A.アデノ随伴ウイルス(AAV1、2、5、6)ベクターの作製
・pAAV-GOIプラスミドDNA、pRCプラスミドDNAおよびpHelperプラスミドDNAをHEK293細胞またはHEK293T細胞へトランスフェクション
・タカラバイオ独自の抽出法により、凍結融解法や超音波破砕法と比較して高純度かつ高効率にAAVベクターを抽出
・培養細胞への感染実験(in vitro実験)を行うために十分な1012vg以上のウイルスベクター液を調製
AAVpro Titration Kit(for Real Time PCR)Ver.2(製品コード 6233)を使用し、アデノ随伴ウイルスベクターゲノムの両末端に存在するITR(Inverted Terminal Repeat)をターゲット配列としてAAVゲノムを定量
* タカラバイオ取扱ベクター以外を使用する場合は、別途お問い合わせください。

B.アデノ随伴ウイルス(AAV1、2、5、6)ベクターの精製
AAVpro Purification Kit (All Serotypes)(製品コード 6666)AAVpro Purification Kit(AAV2)(製品コード 6232)アフィニティ―クロマト、超遠心法を組み合わせたウイルスベクター液の精製
・動物個体への投与実験(in vivo実験)を行うのに十分な1012 vg/mLのウイルスベクター液の調整
 ※TCID50(50% Tissue Culture Infections Dose)法による感染力価の測定も可能ですので、ご相談ください。

【オプションサービス】
プラスミドDNA調製
・目的遺伝子を挿入した発現プラスミドDNA(pAAV-GOI vector)を作製(*1)
・挿入遺伝子のサイズ(*2)、挿入接続部位の塩基配列を確認
*1各セロタイプのAAVpro Helper Free System(製品コード 6673、6230、6650、6651)に含まれるpAAV-CMV Vectorを使用
*2 挿入可能な遺伝子長は2.5kbまで
・ウイルスベクター調製用プラスミドDNAの大量調製

納品物

  • アデノ随伴ウイルスベクター液   1012 vg~
    * 血清型、搭載遺伝子、製造スケールで変動
  • 精製アデノ随伴ウイルスベクター作製の場合   1011 vg
    * 血清型、搭載遺伝子、製造スケールで変動
  • 作業報告書

受入サンプル

  • プラスミドDNAの構築からの場合          プラスミドDNA     3μg以上
  • アデノ随伴ウイルスベクターの作製からの場合    各種プラスミドDNA   2mg以上

ライセンス情報

詳細はタカラバイオ社HPにてご確認ください。

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


参考価格・納期

サービス項目 価格(税抜) 納期
1. アデノ随伴ウイルスベクターの作製 ¥950,000~ 6週間
2-1.アデノ随伴ウイルスベクターの精製
(細胞ペレットからAAVを回収)
¥550,000~ 6週間
2-2.アデノ随伴ウイルスベクターの精製
(細胞ペレットおよび培養上清からAAVを回収)
¥1,400,000~ 6週間
2-3.アデノ随伴ウイルスベクターの精製(超遠心)
お問い合わせ
お問い合わせ
(オプション)
プラスミドDNAの作製
¥170,000~/件
* 遺伝子長で変動
4~7週間

関連サイト



※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。