受託オンライン

ID: E01034
富士フイルム和光純薬 / プロテイン・エクスプレス

ブレビバチルスによる発現系

ブレビバチルス(Brevibacillus choshinensis HPD31)を用いたタンパク質発現サービス


カテゴリ
タンパク質工学 > タンパク質発現 > タンパク質・リコンビナントタンパク・組換えタンパクの産生・精製
タンパク質工学 > タンパク質発現 > ブレビバチルス菌・その他細菌発現系
遺伝子工学 > クローニング・核酸抽出・精製・ライブラリー作製 > プラスミド構築(クローニング)・精製・製造
遺伝子工学 > クローニング・核酸抽出・精製・ライブラリー作製 > 変異導入遺伝子(cDNAライブラリー)作製

サービスについて

概要

枯草菌近縁種であるブレビバチルス (Brevibacillus choshinensis) を用いたタンパク質発現サービスです。
タンパク質を菌体外に高分泌生産可能な宿主で、精製が容易であり、タンパク質分解酵素の影響が殆どないこと、低エンドトキシンであることなどが特長です。

生産例

  1. Fab抗体の分泌生産fig.1
    Fab抗体は、重鎖 (Hchain) と軽鎖 (Lchain) がジスルフィド (SS) 結合で結びついた分子です。
    両遺伝子を導入した発現ベクターを構築することで、ブレビバチルス菌においてFab抗体をSS結合、抗原結合能を保持した状態で分泌生産させることができます。
  2. PD-1/PD-L1/PD-L2の生産fig.2
    PD-1/PD-L1/PD-L2は免疫チェックポイント関連分子として知られ、阻害剤の探索研究が進められています。PD-1の細胞外ドメイン及び、そのリガンドであるPD-L1, PD-L2 (ヒト、イヌ、ネコ) をブレビバチルス菌で発現、培地中(培養上清) への分泌生産量を確認しました。
  3. PET分解酵素の生産fig.3
    PETase, MHETaseは芳香族ポリエステル(PET)を分解する酵素として見出され、その工業利用に期待を持たれています。これらをブレビバチルス菌で生産したところ、高い分泌生産性(PETase; ~100 mg/L, MHETase; ~40 mg/L)と、分解酵素活性を確認しました。
ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。


ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

サービス項目 価格 納期
ブレビバチルスによる発現系 お問い合わせ お問い合わせ
ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。