研究機器オンライン

ID: M03338
Anton Paar(アントンパール)アントンパール・ジャパン

FTIRワインアナライザー Lyza 5000 Wine

13を超えるパラメーターを1回のタップで処理

 

Lyza 5000 Wine

新しい複数のパラメーターに対応したFTIRアナライザーLyza 5000 Wineは、ワイン、マスト、及び発酵中のマストを分析するためのソリューションです。
複数のパラメーターを迅速に測定できるため、ワイン製造のあらゆる段階で、必要な全ての情報を取得できます。設定が簡単で、インストール済みのモデルが用意されているため、エタノール、糖、酸の特性などのワイン分析の重要な結果が全て、画面を1回タップするだけで入手できます。

アントンパール社の密度計兼アルコール濃度計であるLyza 5000 Wineは、独立した装置として使用、自動化による高スループットの実現、ベンチマーク装置との接続が可能で、最もパワフルなワイン分析に適しています。
仕様
シリーズ Lyza 5000 Wine
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
340×450×240
重さ 15.2kg
電源 AC100~240V 47~63Hz DC24V 3A
最少サンプル量 15mL
サンプルあたりの測定時間 42秒* 温度平衡後
セルのタイプ 12回反射型ATR ZnSeフロースルーセル
セル温度制御 ペルチェ素子、安定性±0.005 °C、精度±0.03 °C
通信インターフェース 5×USB、RS-232、CAN、HDMI、イーサネット、Bluetooth®*、WiFi*
* 外部WiFi / Bluetooth® ドングル経由
ディスプレイ 10.1インチPCAPタッチスクリーン、TFT WXGA(1,280×800ピクセル)
希望小売価格 お問い合わせ
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る