研究機器オンライン

ID: M03115
ニチリョーニチリョー

小型多機能ローテーター Nichimate Rotator

ローテーターとしての動きに加え、ミキシング・間欠回転・シーソーを切り換え可能。標準付属のホルダーで、0.5mLマイクロチューブから50mL遠沈管まで対応

 

    コンパクトな多機能ローテーターです。簡単操作で4種類の振とう方式を切り換えることができます。容器ホルダーの交換はワンタッチで、工具は不要です。+4℃~+65℃のインキュベーターや低温室内でも使用できます。

  • 主な用途
    ・免疫沈降
    ・ゲノムDNAの抽出
    ・微生物や植物細胞の培養

  • 振とうモード
    本製品は、振とうモード切換ボタンで4つの振とうモードを選ぶことができます。

    1.Rotate
    モードランプがすべて消灯している状態では、標準のこのモードになります。回転軸と直交するよう試料容器を取付けられる容器ホルダーを使うことで「転倒撹拌」が行えます。容器ホルダーの向きは、回転軸と平行に容器が向くように変更することもできます。基本的に取付け可能な全容器に適します。転倒撹拌で1.5mLや15mLの底に液が残りやすいのを気にする場合は2mLや50mLを使うと解決しやすいですが、実際には転倒するときの勢いで残液もしっかり混ざるため問題はありません。

    2.Mix
    振とう開始時の角度から90°回転して8秒程度小刻みに震動する、を繰り返します。振とう速度を変えると、回転も震動も遅くなります。特に1.5mLや15mLの中の液を確実かつ激しく混ぜたい場合に適します。

    3.Pause
    振とう開始時の角度から90°回転して4秒程度静止する、を繰り返す間欠振とうを行います。振とう速度を変えると回転速度のみ変化します。(静止時間は変わりません。)

    4.Rock
    振とう開始時の角度から少しだけ回転方向に傾いてから止まり、そこでシーソーのように動きます。振とう速度を変えると、シーソー動作が速くなります。特に転倒撹拌で15mLや50mLの中の液を確実かつ穏やかに混ぜたい場合に適します。

仕様
型番 00-NRT
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
275×152×165
重さ 約1.4Kg(容器ホルダー含まず)
電源 100~240V 50/60Hz
振とう速度 Rotate:5~70r/min
Mix:5~30r/min
Pause:5~35r/min
Rock:2~10r/min(いずれも設定単位は1r/min)
使用環境温度範囲*1 +4℃~+65℃
使用可能容器と架数*2 0.5mLマイクロチューブ×24本
1.5/2.0mLマイクロチューブ×11本×2
φ12~13mm(5mLや7mL)チューブ×5本×2
15mLディスポ遠沈管×5×2
50mLディスポ遠沈管×6本
ホルダー 製品コード:00-NRT-H015020 1.5/2.0mLマイクロチューブ用ホルダー 12,000円
製品コード:00-NRT-H050070 Ø12-13mmチューブ用ホルダー 12,000円
製品コード:00-NRT-H100150 15mLディスポ遠沈管用ホルダー 12,000円
製品コード:00-NRT-H500005 50mLディスポ遠沈管+0.5mLマイクロチューブ用ホルダー 10,000円
※ホルダー4種は、本体に標準付属しております。
最大消費電力 0.25A、5W
希望小売価格 93,000円
*1 環境温度変化による結露を避けてください。
*2 最大架数時の重量が許容負荷重量になります。
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る