研究機器オンライン

ID: M02960
大塚電子大塚電子

高分子相構造解析システム PP-1000

小角光散乱(SALS)法による高分子相構造解析システム
ミクロンオーダーの散乱パターンで、大きさ、形状、構造をリアルタイムに評価可能

 

PP-1000

  • 光を用いた小角散乱装置(SALS)です。ミクロンオーダーの大きな構造の評価が可能です。
  • Hv散乱で光学異方性の評価、Vv散乱で試料中の密度揺らぎの評価が可能です。
  • 取扱い簡単な「可視光」を使用。連続的に変化する構造をIn-situで、リアルタイムに測定解析が可能です。
  • 結晶性高分子の高次構造評価、ポリマーアロイの相分離構造評価、硬化性ポリマーの硬化性過程の評価、フィルム上の粒子径評価等に最適です。

仕様
シリーズ 高分子相構造解析システム
型番 PP-1000
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
450×600×700
重さ 20kg
電源 AC100
測定散乱角度 0.2°~45°
測定スポット径 約1mm
測定時間 100ms~
希望小売価格 8,000,000円~
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る