研究機器オンライン

ID: M02779
アジレント・テクノロジーアジレント・テクノロジー

シングル四重極 LC/MSD

質量分析の高い性能で分析の信頼性を向上

 

LC/MSD

  • OpenLABクロマトグラフィーデータシステムまたはOpenLAB CDS ChemStation Editionソフトウェアに、質量分析計のMSデータが直観的に使えるソフトウェアのインターフェースで解析を行うことができ、分析作業を効率化できます。
  • MassHunter Walkupソフトウェアでは複数のユーザーのオープンなアクセス操作を単純化することができます。
  • 高感度の質量分析計により、サンプル前処理およびLCメソッド開発で効率化がはかれます。
  • 超高速スキャンスピードによって、UHPLCの高いクロマトグラフ分離を十分に活用できます。
  • OpenLAB CDSを用いることで、アメリカ食品医薬品局(US FDA)21 CFR Part 11、欧州連合Annex 11、および同様の各種規制の要求事項を満たすデータインテグリティを確保することができます。
  • ライブラリ検索は、化合物の確認を簡単に行うことでき、測定結果の信頼度を最大限に高めます。
  • LC/MSDはAgilent 1260および1290 Infinity IIシリーズにのモジュールを上に積み重ねることが可能な設計となっており、LC/MSDのレイアウトが自由に行える他に、ラボの設置スペースを削減することができます。
  • ESI、APPI、APCI、およびマルチモードイオン源などの各種イオン源を使用することが可能で、様々な化合物を検出する柔軟性があります。
  • Cerno Bioscience MassWorksの画期的なMSキャリブレーション技術によって、Agilent InfinityLab LC/MSD システムで高い質量精度のデータを得ることができます。

仕様
シリーズ LC/MSD+1260 InfinityⅡシステム
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
(MS部)442.5×635×470 (LC部)400×435×900
重さ (MS部)65kg (LC部)80kg
希望小売価格 18,000,000円~
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る