研究機器オンライン

ID: M02735
BEX(ベックス)ベックス

電気式遺伝子導入装置 CUY21EDITⅡ

豊富なエレクトロポレーション電極を組み合わせることにより、生体・組織、付着細胞、株化細胞へ遺伝子導入ができます。

 

CUY21EDITⅡ

  • 世界で1,000台以上の販売実績を誇る遺伝子導入装置、CUY21EDITの後継機
  • 正確な矩形波とデュアルパルスの減衰パルス波の出力をこの1台で実現
  • in vivoとin vitro、両方に対応できる本当の電気式遺伝子導入装置
  • 業界初の定電流パルスの出力が可能
  • CUY21EDITの約1/2の大きさを実現
  • タッチパネルによる優れた操作性
  • すべての出力パルスの実行電圧値と電流値を記録
  • USBメモリに出力パルスの記録をエクスポート可能

仕様
シリーズ ポレーションパルス(Pp) ドライビングパルス(Pd)
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
240×400×203
重さ 9.0kg
電源 単相100V 700VA 50/60Hz
パルス波形 減衰波(ON / OFF切替可能)減衰波または矩形波を選択可能
設定電圧範囲 1~400V(1V刻みで設定可能)1~350V(減衰波:1V刻みで設定可能)
1~200V(矩形波:1V刻みで設定可能)
設定電流範囲
(定電流モード時)
1~2,000mA(1mA刻みで設定可能)
ドライビングパルス・矩形波モードでのみ設定可能
設定パルス幅 0.01~99.9msec 0.05~1,000msec
設定パルス間隔 0.05~99.9msec0.05~1,000msec
設定パルス回数 1回1~1,000回
パルスモード
(ドライビングパルスのみ)
+(ポレーションパルスと同じ極性)、-(ポレーションパルスと逆の極性:Pp ON時のみ)
+/-(+を設定回数出力後、-を同回数出力)
+/-(-を設定回数出力後、+を同回数出力:Pp ON時間のみ)
ALT(+と-を交互に設定回数出力)
減衰率設定範囲
(ドライビングパルスのみ)
減衰波モード:コンデンサー容量を選択することで減衰率を設定可能(3.3-1,41.3μF)
矩形波モード:0~99%(1%刻みで設定可能)、LogモードとLinearモードを選択可能
抵抗値測定範囲 最大39kΩ
実行電圧測定範囲 -512V~+511V(1V刻みで表示)
実行電流測定範囲 減衰波:-10.23A~+10.24A(0.01A刻みで表示)
矩形波:-1,023mA~+1,024mA(1mA刻みで表示)
プログラムメモリ 20,000プログラム以上保存可能
実行履歴 直近100回分を保存可能(順次上書き)
希望小売価格 お問い合わせ お問い合わせ
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る