研究機器オンライン

ID: M02589
SETARAM Instrumentation(セタラム インスツルメンテーション)DKSHジャパン

示差走査熱量計(DSC)カルベ式 SENSYS evo DSC / SENSY evo TG-DSCシリーズ

独自の3Dセンサーにより高感度での熱量と重量変化測定が可能。

 

SENSYS evo DSC / SENSY evo TG-DSCシリーズ

    SETARAM社独自の3Dセンサーを採用したカルベ式SENSYS DSCは、汎用DSCの操作性と大容量試料容器による高感度測定を実現しました。試料容器の交換のみで最大50MPa(600℃)の高圧DSC測定や、吊り下げ式天秤を付加する事により(オプション)、TG / DSCとして高感度で熱量と重量変化の同時測定が可能です。
    また、SENSYS DSCでは、オプションによりロボット式試料交換機構(48サンプル)を付加でき、無人運転が可能です。

    特長
  • 830℃までの測定が可能。          
  • バッチ式高圧容器が標準装備。
  • ロボット式試料交換機構(48サンプル)に対応 / オプション。
  • 精度1%以内のCp測定が可能。

仕様
シリーズ SENSYS evo DSC SENSYS evo TG-DSC
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
530×580×450530×580× 600 (閉) mm
重さ 45kg55kg
電源 230V、50/60Hz
温度範囲 室温~600、830℃
冷却 -120℃~(オプション)
走査温度 0.01~30℃/min
RMSノイズ 0.2μW
オートサンプラー 48サンプル(オプション)
ガス キャリアガス3種類(自動切替機能付き)
高圧容器 500bar / 600℃
リードパイプ高圧容器 400bar / 600℃
TGA(天秤) -最大重量:3g、重量測定範囲:±200mg (オプション)、分解能:0.02μg / 0.002μg、ベースライン:<10μg
希望小売価格 お問い合わせ お問い合わせ
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る