研究機器オンライン

ID: M02434
プロテインシンプルプロテインシンプル ジャパン

シングルセル ウェスタン Milo

単一細胞(シングルセル)から最大4種類のタンパク質発現情報が得られ
細胞の小さな集団による特徴的な挙動や発現、変動の解析が行えます。

 

シングルセル ウェスタン Milo

    1RUNで約1,000個の単一細胞を、4時間程で最大4ターゲットを同時に測定出来ます!

    Q1.フローサイトメトリーで測定することができないタンパク質ターゲットはありませんか?
    ⇒Miloをお試しください!市販のウェスタンブロット用に検証された抗体を用いて、細胞内タンパク質、転写因子、リン酸化タンパク質、あるいはフロー用の抗体がないターゲットを測定することができます。

    Q2.すでにシングルセルRNAの研究をされていますか?
    ⇒MiloはシングルセルのRNA標的のタンパク質を直接検証できる ので、遺伝子発現の結果がより確実なものとなります。

  • PD-L1などガンの標的発現の不均一性
  • 分化した幹細胞サブタイプの同定
  • サブポピュレーションと蛋白質アイソフォームの同定
  • タンパク質の発現多様性

    サンプルの種類:浮遊細胞を含む10,000cells以上の細胞
    細胞のサイズ:7~25μm
    細胞の種類:哺乳類細胞
    細胞濃度:1,000~2,000cells/WestChip
    分子量のサイズ範囲:15~175kDa
    作業時間:4~6時間

    *注意:別途マイクロアレイスキャナーが必要となります。

仕様
シリーズ シングルセル ウェスタン Milo
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
276×332×152
重さ 4.6kg
電源 100~230V 2/1A 50/60Hz
希望小売価格 7,000,000円
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る