研究機器オンライン

ID: M00206
大塚電子大塚電子

ダイナミック光散乱光度計 DLS-8000 series

■DSL ・ DSH He-Neレーザー、固体レーザーをダブル搭載!
ナノオーダーの微粒子の粒子径から高分子の絶対分子量まで
■HL ・ HH 一般的なナノ粒子の粒子径測定全般に!
絶対分子量や慣性半径など高分子物性の研究に!

 

DLS-8000 series

  • 動的光散乱法を用いた粒子径・粒子径分布(粒径・粒径分布)測定と静的光散乱法を用いた絶対分子量・慣性半径・第二ビリアル係数の測定が可能です。
  • He-Neレーザー、固体レーザーのダブルレーザー仕様です。(DSL・DSHのみ)
  • He-Neレーザーの仕様です。(HL・HHのみ)
  • 液浸セル光学系を採用しているため、微弱散乱のナノオーダー粒子を高精度に測定できます。
  • 最大4,096chの相関計により、高分子濃厚溶液などの多モード解析が可能です。
  • オプションのゲル回転セルと組み合わせてゲル状態の解析が可能です。


仕様
型番 DLS-8000DSL DLS-8000DSH DLS-8000HL DLS-8000HH
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
1,090×700×570
* PCおよびプリンターを除く最小設置スペース
1,250×700×570
* PCおよびプリンターを除く最小設置スペース
760×700×570
* PCおよびプリンターを除く最小設置スペース
920×700×570
* PCおよびプリンターを除く最小設置スペース
重さ 71kg77kg64kg70kg
電源 100V
粒子径(固体レーザー) 1.4nm~7,000nm-
粒子径(He-Ne) 3nm~7,000nm
並進拡散係数 2×10-6~2×10-9 cm2sec-1
重量平均分子量 3×102~2×107 Mw
慣性半径 20~1,000nm
慣性半径 20~1,000nm
第二ビリアル係数 -1×10-4~20×10-4mol・cm3・g-2
セル室温度 5~90℃(5~90℃で循環恒温槽(オプション)が別途必要)5~160℃(5~90℃で循環恒温槽(オプション)が別途必要)5~90℃(5~90℃で循環恒温槽(オプション)が別途必要)5~160℃(5~90℃で循環恒温槽(オプション)が別途必要)
希望小売価格 16,800,000円 19,500,000円 12,800,000円 15,500,000円
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る