研究機器オンライン

ID: M01025
日立ハイテクサイエンス日立ハイテクサイエンス

紫外可視近赤外分光光度計 UH4150

豊富な検知器をそろえた固体分光測定のエキスパート

 

UH4150

  • 検出器切り替え段差が少なく、切り替え付近の波長でも、より正確な測定が可能
    紫外可視域~近赤外域に渡る広範囲の測定波長に対応するため、複数の検知器を積分球に搭載しています。
    UH4150形は元来培ってきた積分球構造のノウハウ、信号処理技術などにより、検出器切り替え時に生じる測光値の差(切り替え段差)を最小限に抑えています。
  • 信のプリズムグレーティングダブルモノクロメータにより、低迷光、低偏光特性を両立
    UH4150形はU-4100形の定評ある光学系を継承し、プリズム‐グレーティング(PG)のダブルモノクロ方式を採用しています。プリズム‐グレーティング(PG)方式は、一般的なグレーティング‐グレーティング(GG)方式の分光光度計に比べ、S偏光およびP偏光において光量の急峻な変化が少ないため、低透過・反射測定においてもノイズの少ない測定を提供します。

仕様
型番 UH4150
本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
900×760×1,180
設定可能波長範囲 175~3,300nm
分光器 プリズム・グレーティング形、ダブルモノクロメータ、プリモノクロ:プリズム使用のリトロー分光器、
メインモノクロ:回折格子(回折格子2枚切り替え)のツェルニターナ形分光器
データ処理部 PC:OS Windows® 7 Professional (32bitまたは64bit)
使用温度 15~35℃
使用湿度 25~80%(結露しないこと、30℃以上では70%以下)
希望小売価格 7,400,000円~
(本体のみ)
詳細検索
  • 価格帯

ページ先頭へ戻る